2011年もありがとうございました。

今年最後の記事で2011年を振りかえなければ。。
本日は出社していません。振り返ると今年は2月以降で出社しなかった日は2日くらいしかなかったと思います。まぁ、その日は新幹線で長岡に双子を迎えにいったりしましたが…。
双子のノロも収まってきましたので、近所のデニーズでiPadから記事を書います。
さて、まず今年の始まりは残念なことからはじまりました。あるベテランの業界の人間に騙されて始まった1月です。詳しくは書きませんが、自分にして見たら騙された、相手にしてみれば新参者に本当のことを言う義理などないということなのでしょう。
その時にはいろいろと考えました。落ち込んで許せない気持ちにもなりましたが、その時に相談した大先輩に言われた言葉が、その時には「はぁ…」という程度だったのが、日が経つにつれて「その通りだな」と思うようになりました。
業界にはいろいろな人間がいて、正しいこともあれば、間違ったこともあるが、結局は自分の信じたことをやり続けられるか。正しいどうか世の中に訴えたり、裁判に訴えたりする場合が正しい場合もあるかもしれないが、おかしなことは結局は続かない。自分が何かしなくても、間違ったことをやっている人間は時間が淘汰する。
この考えが正しいかはわかりませんが、信じる価値はある考えだとは思います。それと、社員も増えてあちぇ屋の店長だけではなく、社員に給与を支払う立場としての求められることを考えると、今後は今までのように意見を発信して変化をもたらすと言うよりは、今やっていることをより高いレベルに、今やっていることを何年も何十年もやり続けることで、変化をもたらすやり方に変えて行こうと考えています。


『力なき正義は無能であり、正義なき力は圧制である。
なぜならば、つねに悪人は絶えないから正義なき力は弾劾される。
それゆえ正義と力を結合せねばならない。』


この話をブログに書いたことがあるかどうかは忘れましたが、上の言葉は、痛みと共に自分の体に刻まれている言葉の一つです。大好きな父でしたが、小学生の頃に1度だけ反論して殴られたことがあります。今でも自分が間違っていたとは思いますせんが、殴られた時、自分は泣くことしかできませんでした。異常に理屈っぽい子供だったようにもおもいますが、カントなどが嫌いになり、ニーチェからつながる流れ(ニーチェ→ヴィトゲンシュタイン→バタイユ)に傾向して行ったきっかけだったと記憶しています。
いくら正しいことを言っていても、力がなければ意味がない。アーチェリー業界の数々の悪習について、外から発言する方は以前からいましたが、実際の流通を理解した上で、発言しなければ何も変えることはできません。では、変化を生み出すこれ以上の力はなにかといえば、JPアーチェリーという器で、より発言力を強めること、社員をもっと雇うこと、資本力の増強などよりも、信じることをまっすぐにやり続けることが、将来に向けての一番の「力」になると考えています。
立場によって「正義」は違っていても、「筋が通っている」かどうかは立場によらないでしょう。
2012年も、2013年も…当分の期間はひたすら同じことをやり続けることに専念します。
という考えがに至ったのが3月くらいでした。
その後、大きなイベントとしては、千葉店・京都店・コンパウンド専門店の出店がありましたが、それぞれの店長がほぼすべて自分たちでやり遂げたことなので、自分は独立するための資金を用意してあげて、取引先に連れ回して挨拶させることくらいしかやっていません。今時の若者はゆとりで…という考えもあります、営業から在庫管理、店内の内装まですべて一人で行っていて、みんな立派に頑張っているなと思います。(CP店の店長はゆとりじゃないですが。。。)
自分のチャレンジとしては、今後のために事務所移転と、コンパウンド普及のための取引網の拡充(CP店の要請で代理店として取引する会社が一気に10社も増えました…)、版権を獲得したアーチェリー本の出版、通販では出荷までの日数の短縮という、いずれも前からの課題をこなすことをしてきた1年だったかなとおもいます。
そして、それらが正しい事だったのか、きちんと出来ていたのかは、今後もこの業界で仕事させていただけるかで判断するべきなのでしょう。頑張ります。


来年ですが、前に書いたように今までやってきた事をやり続ける事、より高いレベルでできる事に専念する予定です。
下記が自分の20121年の課題です。
業界内では、みんなで売るというよりも、東京や大阪では卸だった会社が製造・販売・通販すべてを自分たちでやってしまう統合化と取引先の系列化が進んでいます。大資本の統合化に私たちのような会社が逆らうことは到底できませんが、東京にも大阪にもリカーブの競合店舗がないので、足元を固めながら、見守る感じになるのでしょう。コンパウンドはまだ市場を取り合う段階ではなく、いかに市場を広げていくかの段階ですので、まだ影響はないでしょう。
アーチェリー競技では、全日本アーチェリー連盟の協賛だけではなく、来年からは、アーチェリー全体を考え、発言できる立場として、大先輩2社に続き、日本で3社目のWA(国際アーチェリー連盟)の協賛を行うことにしました。ちなみにも協賛会員の見返りとして、WAの公認商品を作る権利とかもらえるのですが、そう言った目的ではないので、何か作ったりはしないつもりです(JP的とかちょっと作って見たい気持ちもあります)。
逆に、協賛会員として世界中のアーチェリー協会・連盟が集まる理事会への出席権が手に入るので、時間を作れればぜひ出席したいです。以前はわかりませんが、雑誌アーチェリーにATAのような業者の集まりのレポートが載ることはあっても、世界中の協会・連盟がどんな方向に向けて話し合っているかのレポートはあまり読んだことがないので、そう言った方向でも情報発信していけたらと思っています。
本の出版では、版権を獲得しているもので、編集が済んでいないものが2冊。それと、来年には店舗から要望されているカタログの製作をします。
現在、リカーブの方では、メーカーさんの協力のもと、店舗が中心となって、毎年講習会を行っていますが、コンパウンドの方でも、同じことができないか検討中です。世界トップレベルの選手と現在交渉中です。来年中に実現できるかはわかりませんが、ミクロのレベルでは縄張り争いがあっても、マクロでは、みんなアーチェリーでいろいろな人間と交流して、アーチェリーを楽しみたいという気持ちは持っているとおもいますので、楽観的に考えています。
こんな感じでしょうか。フライベートでは、双子に健康に育つことにつきますね。
そろそろ、iPadの電池も残り4%ですし、ガキ使が始まる時間ですね。来年も休まず働きますので仕事ください!!
来年もよろしくお願いいたします。
*申し訳ございませんが、明日もお休みをいただきます。店舗は4日からの営業、自分の出社は2日からです。


トータル・アーチェリー 第二版 「インサイド・アーチャー」が入荷しました。

111230_134847.jpg

雑誌アーチェリーを発行するレオ・プランニングさんから、「インサイド・アーチャー」が入荷しました。
111230_1304942.jpg

2003年に出版された「トータルアーチェリー」のシューティング部分についての続編という位置づけです。コーチングについての本は別に出版されます。
232ページのフルカラーで、価格は3,800円です。
まだ、全部読んでいませんが、KSLショットサイクル自体はほぼ同じですが、写真はほぼすべてアップデートされていますので、トータルアーチェリーを持っている方で、新しく買い替えても十分価値はあると思います。ラリーワイズのコンパウンドチューニングは20年間で4版まで行っていますが、トータルアーチェリーも順調に版を重ねて、リカーブの世界でのテキストブック的なものになっていくのかもしれないですね。
まずは20冊入荷しています~。


いよいよ、WIN&WINからコンパウンドボウが!

 先日ドイツで行われた大きなインドア試合に、WIN&WINがブースをだし、
そこで噂されていたWinのNewコンパウドボウが披露されたようです。
ちなみにオールカーボンハンドルです。

ただし、情報が写真のみ。。。
と言う事で、現状ではその写真からしか読み取るしかありません。ご勘弁を・・・。

これまでもたらされた情報では、カーボンテック社に提供していたカーボンハンドルのテクノロジーを自社ブランドで発売するということと、発表時期は年明けのATAではないかと言う事でした。
しかも、まずハンティングモデルを出し、来年夏ごろにターゲットモデルをと言う事だったのですが、写真を見るとどうやらターゲットモデルのように見えます。

色は4色。
マットブラック

ブルー
オレンジ

手前の列のハンドルは奥側のハンドルよりも見て明らかに軸間が長いです。
写真のスケールにもよりますが、手前の長い方は36~7インチ、奥側の方が33インチぐらいのように見えます。

カムデザインを見れば、1.5カム、あるいはPSEなどにあるハイブリッドカムのようですね。

全体的な印象としては、かなりMathewsボウに近い印象を受けます(苦笑)
リムポケット近くにあるエンブレムって、まさかまさか“ハーモニックダンパー”的なものじゃないですよね?!

まずはヨーロッパで先行発売される模様で、日本での取り扱いは未定とのことです。(これは数か月前の情報です)

いずれにせよ、年明けのアメリカオハイオ州で行われる、ATA(アーチェリー見本市)で確認してきます。

追記
後ろのバナーを見ると、どうやら矢も出すようですね。名前は「Atrax」?!


今日で営業終了。最後の新商品(追記あり)

今日で全店舗の営業終了です。自分は明日から発送梱包をやりながら書類整理です。店舗は明日棚卸して、スタッフはみんな休みに入ります。
今年1年本当にありがとうございました。
あちぇ屋では安定的に適正な価格で商品を提供したいとの思いで、今まで、在庫処分を除いて、セールはしたことがないです。そのために、各ショップや通販がセールをするこの時期には売り上げが落ちるのですが、今年は例年よりも落ち込みが少なく、時期によって安く売ったり・高く売ったりではなく、常に同じ価格という考えに賛同していただけたのかなと勝手に思っています。
1年間を振り返った記事は年末にゆっくり書こうと思います。
今年最後の新商品を紹介します。

ww_al1 (2)
12555.jpg

WINの新商品情報が届きました。
こちら、来年にはRCX-100の新色とともに、フォルムはINNO CXTに似たフォージド・アルミハンドル(INNO AL1)が発売されます。入荷は2-3月の予定です。価格はRCX-100より高く、CXTより安いくらいです。ご期待下さい~。写真は黒/金というカラーです。詳細はATAの記事の時に書きます。
子供がウイルス性の何かに感染したらしいので今日はちょっと早く帰ります…。ウィダー・イン・ゼリーっぽい、経口なんとか液を買わないといけないらしい。。。


追記:分かりにくいと思いますので追記。INNO CXTに比べ、グリップの下・センターの高さにカウンターブッシュがついています。


KAYAコンパクトボウプレス、レビュー。

あらたに入荷した「KAYAコンパクト・ボウプレス」
写真を見ていただきながら、使用感や注意点を案内していきましょう。

まずは外観。

伽耶弓(KAYA archery)ってロゴが、なかなかオリエンタルチックです(笑)
重さはキャリーバッグ込みで、約5.2kg。
バッグの底辺は約109センチ。
高さは持ち手抜きで30センチです。

では、開けてみます。

ショルダーストラップがついています。
ちなみに紙の説明書は無いです。。。
バッグの生地には約5mmほどのウレタンが仕込まれているので、“布きれ”だけのチープな印象は受けません。
メインシャフトとなるバーは長さが105センチ。
リムを“抱え込む”アーム部分が35センチです。上の写真ではアームを中央に折りたたんで収納しています。
設置した時の高さは約12センチになります。

では具体的に。

Twitterで簡単に伝えましたが、軸間約40インチあるHoyt・ヴァンテージエリートやMathews・MR5(軸間33インチ)、さらにMission・メナス(軸間31インチ)でも使用することができます。
今回はHoyt・カーボンエレメント(軸間32インチ)でやってみましょう。

しっかりとした頑丈な机の上か、床で作業を行いましょう。
その際、写真向かって右、ちょうど僕の左腕で隠れてしまっていますが、このアームがずりずり・・・とメインシャフトに沿って、向かって左側へ動くので、あらかじめそれを踏まえた設置をしてくださいね。

商品紹介のホームページ動画などで使用方法を案内しているので、本文はそちらをご覧いただくとして、、、、

作業前の注意点その1。

アームの先端バー(直立している2本の棒)の間にリムを通すんですが、その際カムに近い方・・・指でさした先なんですがバーとカムの間を1~2インチ(オンラインマニュアルによる)離しなさいととあります。
言われてみればそうですね。
バーが内側へ移動してリムを絞るわけですから隙間を作っておかないと、です。

注意点その2

上の写真、2本のバーに通したリムの下側(バーの受側)に右上がりで隙間が出来ていますよね。
これ、だめです。
絶対やっちゃいけません。
下の写真のとおりにピッタリとおいてくださいね。

じゃ、絞っていきましょう。

僕が左手で握っている白いところをしっかりと握り、ハンドルをぐりぐりと回します。
このハンドルが若干曲者です。
持ち手の全長が5センチしかありません!!
僕の手では小さいのです!
もう少し太く長く設計してくれよぅ。。。

充分に絞ったら・・・

写真のように弦がたるんでいるのがお分かりいただけすでしょうか。
これだけ弛めばピープの交換などは楽チンですね♪
ストリング・ケーブル類の交換も適宜絞って作業を行いましょう。

で、作業を終えもとに戻す手順に入るわけですが、下の写真のストリング。
ま、ストリングだけでなく他のケーブル類もそうですが、
ちゃんとケーブルトラック・ストリングトラックに弦がそれぞれきっちりハマっているかを必ず確認しながら作業をしてください!

では、その他の情報を。
下の写真は、アームを抱えるバーの先端のアップです。
リムを挟むにあたり、おそらく「傷がいくんじゃね?」と思いましたよね?
はい、もし、むき出しの金属棒だったなら傷確定です。
が、ご安心下さい。
製品のバーにはご覧のとおり厚さ約1mmほどのビニール系と思われるチューブが仕込んであります。

いーや、これでも不安だ!とおっしゃるのであれば、DIYなどで手に入る相当のチューブやゴムホース!?で補強するなども良いかもしれません。ただし、あくまでも案ですので。。。
その辺は宜しくお願いしますね。

その他、バーの直径13mm。バー同士の距離、約6.5センチ。

最後に、このコンパクトボウプレスでできる事として、おおむね軸間33インチ以下なら、リム外し、リムポケット分解まで行けました。
反対に、軸間が40インチとちょっとあるヴァンテージエリートでは、ケーブル交換、カム交換まではなんら問題なくおこなえますが、リム交換、リムポケット分解はできませんでした。
メインシャフトが開ききってしまってそこから展開しないからです。
これは、当店で先に取り扱っている「ポータブルボウプレス」と同じことが言えます。

つまりパラレルリム、バーティカルリム、どちらにおいても、ケーブル交換、カム交換は問題なく行えます。
その先はめったに施すことのない作業ですので、マイナス評価にはならないと判断します。

ちなみにオンラインマニュアルには「過度なパラレルリムボウには使用しないでね」とありました。
念のためにお伝えしておきますね。

本格的に分解整備まで見据えていらっしゃる方は、ぜひプロ仕様をお求め頂きたいと思います。

個人でお求め頂く価格としては少しお高いかもしれませんが、プロ仕様までは用がなく、されどチーム・クラブに1台は欲しい!と言うニーズにバッチリ応えてくれるんじゃあないでしょうか。

この「KAYAコンパクトボウプレス(¥34,000円)」は、あちぇ屋CPにて取り扱っています!


ES、昨日の訂正です。

ESについて2つ訂正です。
昨日、商品は検品したのですが、1つ見落としていました。ESでは昨日の記事で書いた変更点以外に付属のスタビライザーを入れるソフトケースが黒になっています。
また、本日店舗でテストしていただき、33インチが1本売れましたが、光沢があるスタビライザーにちょっと違和感があったのは、自分の弓の話(つや消し色のMathews Apex7)で、本日スタビライザーとともにお渡ししたHOYTの光沢色のレッド・フュージョンの弓&ちょっとカラフルなプロフィールドには、結構似合っていました。ブラックアウト系の色でなければありですね!!
2点、訂正でした。


本日発送分で北海道と九州地域のお客様への年内の納品は終了です。あす以降も発送させていただきますが、来年のお届けとなります。
大久保・千葉・大宮・京都 の全店は明日28日(水)までの営業となります。
来年は4日(水)からの営業です。


FUSE カーボンブレードES は20%増量

本日入荷しました。まずCP店の方に在庫を追加しました。在庫が潤沢になれば、本店にも追加します。
噂通り、センターは30インチが入っておらず、27インチと33インチのみが入荷。
サイドとエクステンダーは発注したサイズが入荷しました。ESはオリジナルの進化系というよりは、剛性がより求める方向けの商品で、迷ったから新しい方(ES)という商品ではありません。特に、サイドロッドでその剛性がいきるか微妙なので、新規購入はともかく、オリジナルからESへのグレードアップであれば、まずはセンターだけで試されることをお勧めします。サイドは交換しても実感できるほどの違いはないと思います。
111226_192833.jpg
さて、カーボンブレードとESの比較です。価格は15,800円と16,800円です。1,000円の差です。写真は同じ33インチですが、一目見てわかることは長さが違います。これはカーボンブレードはダンパーが付属しているのに対して、ESはウェイトしか付属していないためです。
ですので、標準装備でダンパー1つ分短いです。もちろん、ESにダンパーがとりつかないわけではありません。別売りで購入すれば取り付けできます。ちなみに価格は2,200円ですので、ESはオリジナルより3,200円高いと考えた方が良いかもしれません。

111226_192858.jpg

次にロッドの比較ですが、つや消しのオリジナルに対してESの方はかなり光を反射するコーティングになっています。写真はオーバーな表現ではないです。かなり光っています。これはもう好みの問題ですが…個人的にはオリジナルの方のつや消しの方が…。
ロッドの幅はオリジナルが25mmなのに対して、ESは30mmで、20%広く、厚みはオリジナルが10.5mmに対して、ESは12.5mmで、こちらも約20%増。
重さは33インチモデルでオリジナルが197gに対して(ロッド単体)、ESは230g。ディンプル効果でしょうか、幅・厚みともに20%増ですが、重さは17%増にとどまっています。33g違いますので、ESはウェイト1個分ロッドが重いと思っていただければいいと思います(FUSEのウェイトは1つ約28g)。
111226_192935.jpg

最後にディンプル…効果あるんでしょうか。
実験データなとがありますので、ディンプル効果を信じていないということではなく、個人的に今までコンパウンドで3試合シングルの試合に出ていますが、ディンプル効果が効きそうなほどの風の試合はありませんでした。リカーブ時代には数多くの試合に出ましたが、それでも、この効果が実感できそうなほど風が吹いている試合は、10回に1回あるかどうか程度だと思います。
風が強い地域であれば、また話は違うと思いますが、基本的に無風・もしくは向かい風・追い風であれば、このディンプルの効果はありません。強い横風に対してのみ効果があります。そう考えると、効果を発揮してくれるのは、風洞の中と、実践では10試合に1試合あるかどうかだと思います。
備えあれば憂いなしと考えることもできますし、そんな備えをする以前にもっとほかの所にお金をかけた方が良いと考えることもできるかと思います。
その判断はお任せしますが、オリジナルを既に持っている方が買い替えるほどの商品ではないかと思います。まぁ、ショップとしては当然買ってくれた方が嬉しいですけど…。。。
明日より大久保店にて試射出来ますので是非お試しを~。


年末年始モード突入!

 Xmasが終わり、街並みはお正月ムードに移りつつありますね。

コンパウンドアーチェリーのさらなる普及を目指し、2011年8月に産声を上げたJPアーチェリー・コンパウンド大久保店も沢山の皆様に支えられ、はや5か月が経ちました。

年内の営業は今日を含めあと3日。
28日水曜日までです。

2012年1月の営業は、やや変則で行います。

28日 通常営業13:00~20:00
29日 年末お休み
・・
1月3日 年始お休み
1月4日 通常営業13:00~20:00
1月5日 定休日
1月6日 定休日
1月7日~8日 中日インドア・ブース出店
1月9日 通常営業13:00~20:00
1月10日 13:00~16:00
1月11日~13日 アメリカ出張(ATA)
1月14日 通常営業・・・
となります。

ご利用予定の皆さま、1月前半は変則営業となりますが、
どうぞご理解賜りますよう宜しくお願い致します<m(__)m>。。。


(CP)原糸が次のレベルに

00123.jpg

先週、風邪で書く事たまってます。まだまだ、更新します。
今週、雑誌アーチェリーの渋谷さんの担当欄が原糸の話の予定だったものを、HPXの話に入れ替えていましたが、この新しい原糸のテスト結果が出てから、書くためなのではないかとこっそり思っています。
いろいろな原糸がメーカーから発売されていますが、テストシューターによると、ブレンドの改良とは全く違う、まったくレベルが違う新しい原糸が登場します。
蘭DSM社のSK60という原糸の繊維の登場でダイニーマ系の素材がスタートしましたが、その後進歩し、今使われている人気のものはSK70番台の繊維です。8125Gや452Xには75番、昨年登場したダイナフライト10には78番が使われています。長らく70番台の繊維に、いろいろなメーカーの繊維(ゴアやベクトラン)をブレンドすることを原糸は進歩してきましたが、2012年にアーチェリー界に初めて90番台の繊維が使用された登場が登場します。ヨットレースなどでは2年前から使用され実績を残しているようですが、いよいよ登場です。
と書いてみましたが、まだテストはしていません…まずはコンパウンド用にBCYから8190 エクストリームという原糸が出ます。テスト用には発注していますが、来年の1月から一般向け正式発注もはじめまるので、コンパウンドアーチャーの方で、弦の交換を考えている方は少し待つ事をお薦めします。