アーチェリーのAKB戦略??

111003_184919.jpg

数々のトップ選手が使用しているGas Proのベインですが、それぞれのトップ選手が世界大会で優勝した時に使用していたベインで限定バージョンを作っています。
写真はオレンジのリカーブ用。これを使って優勝したのはNatalia Valeeva(ナターリア・バレーバ-今年は世界選手権団体優勝、最高世界ランキング1位、現11位)なのですが、限定バージョンにはサインが入っています。
へぇ~
と思っていたら、サインが全部違うということにスタッフが気付きました。
そう、すべて選手の直筆です。
…それで入荷が遅れたんですかね(9月末の予定でした)…ナターリアさんお疲れ様です。


Fivicsの新型アッパーロッドと新色ノック

111003_132810.jpg

1月のNimesのブースで展示していたFivicsの新型のアッパーがついに入荷しました。フォームのかわりにシリコンを使用したということですが、よくよく思えば、フォームの方がシリコンより断然軽いの忘れてました。
111003_132945.jpg
同じくらいの重さかと思っていたところ、シリンダー部分は新型の方が6g(約ウェイト1/4分くらい)重いです。
…ダンパーとウェイトは前のタイプと共通なので、(シリンダーの方は基本的に最初の大きな衝撃吸収担当なので)繊細な人でない限り、違いはあまり感じられないと思われます。長さも同じですので。価格は少し安いです。黒と銀の2色です。
111003_130232.jpg

それと、SomaのX10用ノックに新色が登場です。Gノックと同じ白とヘビーイエロー(濃い黄色)です。…いつもですが、白羽と白ノックを綺麗に撮影する技量がないです…。
前の記事も2012年モデルについてでしたが、これで2011年に発表されて、まだ入荷してないのは、SAMICKのマスターズマックスハンドルと、WIN&WINのカーボンアームガードのみですね。今年中に来るかな~と。
本日、倉庫の方は大量入荷祭りです。PSE/Mathew/Flex/Gaspro/WIN…大久保店にご来店されるお客様、物流・倉庫側が店舗スペースの一部占領中です。。。。


Mission 2012 ターゲットモデル

VeraとMK1440の在庫切れサイズが入ってきたと思ったら、すぐに売れました。また発注かけます…。それと、新しいL3リムは納品が遅れていますが、いろいろと変更がありそうです。10月にFivicsの新しいハンドル(Fx1)がテスト入荷で入ってきますが、Fivicsのリムを作るメーカーがKAYAから●●に変更になるようです。ただ、現在製造中で、●●が作ったFivicsのリムはまだ見ていません。どういう味付けてくるのか楽しみです。
また、コンパウンドのMissionが新しい弓を発表しました。あちぇ屋CPにカタログをアップしました。まだ、メーカーのページにはアップされていませんが、月曜日の朝(日本との時差は14時間-CSTのサマータイム)にはメーカーのページにアップされるとの事。

image00012.jpg

2カムモデル
アクセル間:37インチ
ブレースハイト:7.25インチ
重さ:1,814g
ドローレングス:22-30インチ
トローウェイト:26-70ポンド(要モジュール変更)
矢速:300(IBO)
レットオフ: 75%
RALLYはターゲットモデルですが、調整幅がかつてないほど広いです。ドローレングスは22インチから30インチまで変更でき、メナスは1インチごとでの調整だったのに対して、この弓では、0.5インチ刻みで調整が可能です。さらに、弓のポテンシャルをフルに生かすために、ピークポンド50のモデルの場合、ポンドの調整幅は40-50ポンドと10ポンドしかないものの、カムのモジュールを交換(4000円くらい)する事で、ピークポンドを40-70ポンドの間で調整できます。つまりは、エントリーでピーク40ポンドのモデルを買って、飽き足らなくなったら、4000円で弓のピークをシングル試合で戦える50ポンドまで、もしくは、上限の60ポンドまで上げることが可能です。少しお金がかかりますが、同一のカムで調整幅を大きくするとポンドを下げた時に効率性が落ちるのに対して、モジュール交換の方は(理論上)よりポテンシャルを引き出すことが可能で、効率が良いです。10月後半に入荷しますので、詳細をそれを見てから、山田の方でレビューをアップします。
image0125.jpg

もう一つ発表されたのはRIOTというハンティングモデル。新しいデッドエンドストップを装備し、19インチからの引き尺に対応しながら、19インチで46ポンドのパワーを発揮します。こちらは入荷予定はないです。
mission2012top.jpg

Mission Archery 2012
http://archery-shop.jp/catalog/MissionCatalog_2012.pdf


PSE Archeryのティザー広告がひどい…

渋谷アーチェリーのレストの時にも使われたティザー広告ですが、PSEの2012年モデル(月曜日発表)のティザー広告がひどい…


ティザー広告とは、広義では、ある要素を顧客に明らかにしないことによって注意をひこうとする商業広告の一手法で、狭義では「本来、広告で伝えるべき商品についての要素のいくつかを意図して明らかにせず注目を集める広告手法」と定義することができる。英語のtease(じらす)から命名されている。覆面広告とも言う。


315529_10150296869181059_55708801058_8365205_1078257218_a.jpg

まさしく、覆面広告!!