この記事は2011年10月21日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

EASTONの2012年、A/C/プロ フィールドシャフト

Easton 2012 Product Launch from Easton Technical Products on Vimeo.


発表されたところまで書きます。
303253_274340815933735_110178379016647_886199_1488937268_n.jpg

まず、個人的な一番のヒットはiOS用シャフトセレクター!!
iPhoneやiPadなどで使用できます。アンドロイドでも発表されるようですが、審査などの関係で、いつリリースされるのか、イーストンも分からないようです。2-3週間の見込み。もちろん、無料です。

Reo150.jpg
301362_274257199275430_110178379016647_886089_1583597209_n.jpg

次に、今年の全日本ターゲット選手権もですが、コンパウンド競技は50m決勝が行われることになりました。と言うことで、70m競技用に開発されたX10同様、イーストンから、今度は50m競技用にA/C/Pro Fieldという矢が開発されました。ワールドカップでレオ・ワイルドが150点満点を出していますが、その時に使っていた(練習しすぎてロゴが消えているのかと思っていましたが…)真黒でロゴなしのA/C/Pro Fieldだったそうです。

同じくコンパウンド用のX10プロツアーと比較すると、口径が大きくなり、シャフトは軽くなったそうです。シャフトはプロツアー同様、前側がテーパーで、後ろ側がストレートです。30/50mの短距離専用の矢ですね。

reo1501.jpg

こちらがワールドカップでPro Fieldを使ったレオ・ワイルドさんの写真。一点、ポイントはタングステンでも、ACEの120-100でもありません。100-80grに見えます。これは確認しますが、50m用に大口径の軽量シャフト・軽いポイントが今後のトレンドになるかもしれませんね。名前の通り、コンパウンドの決勝ラウンドだけではなく、フィールドにもお勧めです。

本日の深夜にもまた発表があるそうです。

Pro Fieldの入荷は確認中です。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “EASTONの2012年、A/C/プロ フィールドシャフト

  1. SECRET: 0
    PASS: 739cdd78c3edfe78a6d03fc5962f1dfa
    アーチェリー誌に入荷とありましたBCYのFormula8125Gは
    いつからの販売になりますでしょうか?

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    タイミングがずれてしまい申し訳ございません。本日、追加しました。
    > アーチェリー誌に入荷とありましたBCYのFormula8125Gは
    > いつからの販売になりますでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。