この記事は2011年10月28日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

スタンスが大事、全日ターゲット

全日ターゲットへの出場の為、山田が土曜日大久保店におりません。コンパウンドのチューニングは土曜日出来ません。ご迷惑をおかけしますが。。コンパウンドの決勝は土曜日には終わるようですので、日曜日には戻ってきます。


アーチェリーのシューティングにおいて最も大事なものは。そう聞かれたら、もしかしたら、スタンスとは答えないかもしれませんが、スタンスは大事です。
高校生を教えていた時代には、まずは、「練習中(放課後の2時間程度の時間)に座らないで、ずっと立っているようにする」というのが最初のトレーニングでした。自分が「最近の若者は」というのもおかしいですが、2時間立ち続けるという経験が、中学校などで運動部に所属していなかった子にはあまりないようです。思えば、体育坐りという言葉があるくらい、体育の時間は半分いくらは体育館の床に座っていた気もしますね…。
と、今日は射型の話ではなく、こちら仕入れブログにつき、仕入れの話なのですが、昨日紹介したCPR-SYSTEMが早速全て売れました!!ありがとうございます。時間を使ってビデオを作った甲斐がありました。メーカー値は信用しないとして、当店で実験して57%減と伝えるよりも、ビジュアルで伝えた方が分かりやすいことを実感したとともに、当然、ドイツArctecの商品力のおかげです。
日本で知られていないメーカーはたくさんあります。自分が知っている限りで30社程度です。当店では、いろいろなメーカーさんを紹介したり、仕入れして、テストしてきました。メーカーによってはテスト結果があまりに悪く封印した所もありますし(大久保店の倉庫の奥には見なかったことにしようボックスというものが存在します…ただし、ご来店されても中は見れないのでご注意下さい)、良い出会いもありました。
2007-2009年のテスト仕入れでは、あまり良くないメーカーのものを仕入れてしまい、会社として損失をいくらか出しましたが、2010年から取引を始めた、Uukha・Krossen・Gaspro・Arctecはいずれも、良い出会いだったと思いますし、メーカーさんも成長していっています。
新しいメーカーの発掘が順調に進むようになったコツは「メーカーのスタンスを見る」事です。
メーカーさんは数多くあっても、自分の立つ場所(メーカーの地元)では売れているかどうかを重視して、仕入れをすることにしたのです。以前にコメント欄に少し書いた気がしますが、自分が立つ場所、Arctecであればドイツ、Gasproはイタリア、uukhaはフランスですが、国際取引をしていても、メーカーが生きて立つその場所・本国ですら話題にならない・使ってもらえない・シェアが低い商品は、やはりあまり良くない可能性がかなり高いです。
逆に、日本で使っている選手、アメリカで使っている選手が一人もいなくても、メーカーの地元ではみんなに使われているのであれば、それは隠れた名品である可能性がかなり高いと思っています。
情報化が進んでいなかった時代には、本国では枯れたブランドを他国に持って行って、再利用するということが良くあったようですが、今の時代には無理なのではないかと思います。
取引先が増えて、メーカーさんとやり取りすることが増えましたが、(自分が言うまでもないことですが)自分の立つ場所がしっかりしている所はやはり強いなぁと思いますね。逆に、自分の足元が揺れているのに、外で売ろうとするところはあまり良くないですね。いくら強い押し手があっても、スタンスが不安定ではどうしようもないということでしょうか。
新しいメーカーとの交渉、現在も1社進んでいるところです。リカーブです。お楽しみに。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、現在はベアボウにも挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

4 thoughts on “スタンスが大事、全日ターゲット

  1. SECRET: 0
    PASS: e60b63c88dca2c70286f5fc447f93927
    先週はお邪魔いたしました。お茶、ごちそうさまでした。
    >メーカーの地元ではみんなに使われているのであれば、それは隠れた名品である可能性がかなり高いと思っています。
    おっしゃるとおりだと思います。某企業も(笑)地域に根づいているネットワークを使って、全国的に有名ではなくても、地域で有名、あるいは名産を作っているようなところとタイアップで何か出来ないか?を模索しています。
    工数がかかる点が大変だと思いますが、1つでも良い商品を取扱っていただければ、嬉しいです。
    これからも頑張ってください。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは。
    サイドロッドについてですが、セッティングに依らず、ロッド単体だけでの振動吸収性が良いものは何でしょうか??
    サイドロッドは飽くまで、バランス調整のものであってダンパーを付けない場合、振動吸収を求めるのは間違っているかも知れないですが、よろしくお願いします。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございます。頑張ります!!
    > 先週はお邪魔いたしました。お茶、ごちそうさまでした。
    >
    > >メーカーの地元ではみんなに使われているのであれば、それは隠れた名品である可能性がかなり高いと思っています。
    >
    > おっしゃるとおりだと思います。某企業も(笑)地域に根づいているネットワークを使って、全国的に有名ではなくても、地域で有名、あるいは名産を作っているようなところとタイアップで何か出来ないか?を模索しています。
    >
    > 工数がかかる点が大変だと思いますが、1つでも良い商品を取扱っていただければ、嬉しいです。
    > これからも頑張ってください。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > サイドロッドについてですが、セッティングに依らず、ロッド単体だけでの振動吸収性が良いものは何でしょうか??
    お客様のセッティングが分かりませんので、正しいアドバイスか分かりませんが、エクステンダーを使用し、水平のVバーセッティング(最も一般的なセッティング)だとすると、振動吸収という意味におけるサイドロッドの役割は、シャフトにおけるプランジャーに相当すると考えいます。シャフトのスパインとプランジャーのバネ圧を独立して考えることが出来ないのと同様、センターとサイドを別々に単体で考えることが出来るとは思いません。
    グル―ピンクする適正な矢の選び方は、なによりもスパイン(シャフト)の選択にあるのと同様、スタビライザーでも、エクステンダー+センターロッド+(ダンパー)+先端のウェイトのラインが要です。矢において、スパインがそもそも合わないシャフトを使った場合に、いくらプランジャーで修正しようとしても、カバーしきれないのと同様、振動吸収のと言う点では、弓とエクステンダー+センターの相性が悪く、振動が取れない場合に、いくつサイドで合わせたとしても、帳尻を合わせることが出来ません。
    まずは、自分の得たい感覚にあったエクステンダーとセンタースタビライザーを見つけて下さい。
    その上で、センターだけで振動をとりきれない場合に、サイドをその補助として選ばれるか、もしくは、エクステンダー+センター部からの揺れ戻し(最初の衝撃後に発生する細かい振動)をとるか(センターよりも柔らかいロッドがお勧めです)のどちらかになると思います。
    お勧めは、前者の場合がセンターと同一のもの、後者はACE(柔らかい)やHMC Plus(カーボン量が多い)です。
    ただ、センターで発生している現象を考慮せずにサイドロッド単体で振動吸収性を評価するのは、シャフトが硬く出ているか、柔らかく出ているか分からない状態で、適正なプランジャーのバネ圧を考えるようなもので、ちょっと適切なお答えが出来る自信がありません。
    > サイドロッドは飽くまで、バランス調整のものであってダンパーを付けない場合、振動吸収を求めるのは間違っているかも知れないですが、
    いえいえ、振動吸収を求めるのは全く間違っていませんが、あくまでも、要はエクステンダー+センターですので、それらの挙動を理解した上で(ベアシャフトチューニング同様、サイドロッドなしで何エンドかうてばいいいだけです)、その動きの補助としてサイドロッドの選択をしていただければ、正しい選択が出来るのではないかと思います。
    > こんにちは。
    >
    > サイドロッドについてですが、セッティングに依らず、ロッド単体だけでの振動吸収性が良いものは何でしょうか??
    >
    > サイドロッドは飽くまで、バランス調整のものであってダンパーを付けない場合、振動吸収を求めるのは間違っているかも知れないですが、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。