この記事は2011年9月29日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

新着あれこれ・・・カーテル・ランチャーレストの交換用ブレード

現在カーテルから発売中、エントリーモデルにぴったりのCP用低価格レスト、
「Midas 2」レスト
このレストの、交換用ブレードが入荷しました。

ちなみに、代表的なランチャーレストとして有名なトロフィーテイカーのSS1やSS2。
そのランチャー交換ブレードが、「The “Best”Launcher」。

でもって今回入荷した、カーテル・Midasの交換ブレードなんですが、
まず、ブレードの厚さが3種類。

0.2mm(0.008)
0.25mm(0.010)
0.3mm(0.012)
・・・・・・・・・・の3種類。
*( )内の数字はインチ

形状は、ベストランチャーブレードで言うところの「ナロー(狭め)」のみ。
(インドア用などの大口径矢に対応する「ワイド(広め)」は現在のところはありません)
ネジ穴径、およびネジ穴位置がベストランチャーブレードと同じ・・・なので汎用性あふれるブレードとなっています。

では、、、、実際にベストランチャーブレードとカーテルブレードを比較してみましょう。
左は、SS1用のナロー(狭め)
真ん中が、SS2用のナロー(狭め)
右が、カーテルブレード

ネジ留め穴を基準に高さを比べてみると、カーテルブレードは、写真にあるとおり、SS1用に並ぶ背の高さが伺えます。
SS2用で、しかしSS1用の高さが欲しかった方には朗報ですね。

次に、ナローサイズしかないカーテルブレードですが、
では、どれだけ“ナロー”かと言うと、、、

ハイ、ご覧のとおり、ベストランチャーと同サイズですね。

ということで、このカーテル・ランチャーブレード。

先述した、SS2のネジ穴径・位置でSS1の高さが欲しかった人にはうってつけ、、、、ですが、
そんなピンポイントな希望を持つユーザーってどれだけ居るんでしょうね(苦笑)

・・・・・と、いっけん皮肉で終えてしまいそうでしたがw、

本当の意味でこのカーテル・ランチャーブレードの存在価値は・・・

ズバリ!価格!です!

なんと、1枚280円!!

・・・なんだかチラシの踊り文字みたいになってしまいましたがw、これからは試合の度に新鮮フレッシュなブレードを装着して、レストトラブルを回避できそうですね♪

絶賛発売中です♪


The following two tabs change content below.
Yamada

Yamada

山田ヒロ - JPアーチェリー大久保店 店長。主にコンパウンドを担当。元日本記録(コンパウンド70mW)保持者。 連絡先 cp_okubo@archery-shop.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。