この記事は2011年9月10日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

セレクトの楽しみ・完成しました。


DSC00497.jpg

各社のフラッグショップモデルから、最もお客様に合う弓、もっとも性能のよい弓のきちんと評価し、お客様にお伝えするのも大事な仕事ですが、限りられた予算の中で最も良いものを選択するもの一つの楽しみです。
この3週間の間、コンパウンド担当の方と打ち合わせを重ねながら、いろいろとテストし、十分にFITAシングルラウンドを戦える弓を、予算ギリギリでいくらで作れるかということに挑戦しました。
FITAシングルラウンドという縛りが無ければ、当店のCPには2万円で矢まで付いたセットがあります。ただ、ファインチューニングすれば、30mまでは行けても、それ以上では戦えないと思います。
10万円を切ることを目標していましたが、努力の結果、9万円を切ることに成功しました。物もかなりしっかりしていますし、弓の方はフルポンドにすれば、50ポンド近くになるので、90mも、また、パーツ類も50ポンドでも使用に耐えるものです。買い替えは必要ありません。今後、初心者の方で最低限いくらかかりますかと聞かれた時には、8万円後半~揃えられるとお伝え下さい!!
大久保店に組んでありますので、いつでもお試しください。
(以下、セット)
・弓 - Mission メナス 29,800円 / PSE Chaos(-1,800円)
・レスト - Cartel Midas Ⅱ 3,600円
(ブレード角度調節、テンション調節、上下マイクロ調節、ブレード3枚付属)
・サイト - Cartel スペクトラアルミ9インチ 2011年モデル 9,800円
       (ソフトケース付き) 
・スコープ - Cartel 306 3,200円
(x4 or x6)
・スタビライザー - Cartel Balkan 4,800円 / FINE Carbon (-1,000円)
        (高ポンド時での使用時はBalkan推薦)
・ピープ - ジム・フレッチャー 380円
・スタンド - キックスタンド 980円
・ケース - Cartel 4,800円
・アームガード - 500-1000円
・リリーサー - お客様と要相談 5,000-15,000円
・矢 – XX75 プラチナム 約9,000円 / Carbon One 約12,000円
・クイーバー - 4,000円=NEET TRIMライト相当として計算
計 約88,000円 / カーボンシャフト&上位リリーサー(TRU Ball Boss-X 14,200円)
どうでしょうか。矢とリリーサーは削らずに、お金はしっかりと使う方向でお願いします。それで、8万円後半まで行きました。
…これで試合に出ようか本気で考えています。プロショップやってますが、「アーチェリーは道具」じゃないと思っている人間なので。。。
それと、同じものでもリカーブとは違い、コンパウンドでは相当いい感じです。。コンパウンドは弓(アクセル間)がリカーブの半分しかなく、リムの長さもリカーブの半分程度です。かつ、リムチップは軽くなく、ホイールやカムがついています。
同じようにハンドルに番手が低いアルミが使用されていても、リカーブの長いハンドルのように、シューティング時の剛性の低さは感じられません。また、リカーブのように安いグラスリムの場合起こる「ぼわぁ~(**)」として感じも、リムが短く、かつ、リムチップに相当する部分に振動を吸収する重り(カムとホイール)があるために、ピシっと行きます。営業トークなしに、驚くほどいい感じです。同じ素材でリカーブの弓を作っても、とても戦えるものには仕上がらないはずです。
そのような理由があるために、コンパウンドでは今回29800円の弓でも、FITAラウンドが戦えると判断しましたが、リカーブでは、やはり、リムとハンドル合計で、最低でも4-5万円程度ものは必要だという思います。
**日本語が下手くそで申し訳ございません。リムに張りがなく、リムチップにいった振動が、リムボルトまで戻り、その間を行き来して、振動が収まらない状態。表現が伝わらない場合は、手元のリムにワンサイズ短い弦で張って、ハイトを10-12インチ程度にして、ハンドルをたたくと、どんな感じか伝わるかと思います。


追記: 27インチで締めこんだ位置(実質ピーク50.5lbs)でX10 500番(330gr)をシューティングした結果、232fpsでした。ナビ(現行ACGの前のモデル-295gr)で251fpsでした。リカーブでは27インチで45ポンド程度で200fpsですので、矢速の面でも90mには十分です。ACEなどのX10よりさらに軽い矢の場合はもっと出ます。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。