この記事は2011年9月13日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

コンパウンド初期セッティングマニュアル

終了しました。1時間ほどの動画の製作に5時間かかりました…。
前に話していたコンパウンドのドキュメント整備の一環です。
一通りの初期セッティングのやり方だけ、動画として製作しました。これだけやれば、問題なく矢は飛びます。ただ、もっとグルーピングさせるためには、マイクロ・チューニングが必要です。
また、詳細なロジック・そのようにする理由に関して、技術論は動画よりも文字の方が分かりやすいと思いますので、今後翻訳が終了するLarryの本に任せます。翻訳は3/5くらいは終わっているという報告を受けているので、9月中には終わると思います。
まだ、Youtube側でのエンコードが完了していないチャプターもあるようですが、とりあえず、一覧を貼っておきます。明日までにはすべての公開が始まっていると思うのですが。。リカーブの方で参考になるのがあるとしてら、サイトの取り付けとスタビライザーバランスの部分でしょうか。


コンパウンドの初期セッティング

1.レストの取り付け
2.ノッキングポイントとDループの取り付け
3.ピープサイトの取り付け
4.(スコープ)サイトの取り付け
5.スタビライザーバランス









The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。