この記事は2011年9月26日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

カーボンハンドル 対 アルミハンドル



アルミハンドルの方はマシューズのハーモニックダンパーをとったもの(なぜ、標準装備のダンパーをとるのかはわからないが…)
カーボンハンドルとの比較。このデザインなら、アルミで作った方がいいと思うのですが、楽しみです。
経験上(というか経験が少ないからだと思いますが)、アルミハンドルと違って、オールカーボンハンドルは実際うってみないとフィーリングが予想できないので、実物を早く。。ATAで実射できると嬉しいんですが。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “カーボンハンドル 対 アルミハンドル

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    カーボンハンドルはいかんせん軽すぎるのが・・・
    これもまたハンティング向けになってしまう気がします。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    軽いので、INNO CXTのようにウェイトを足して…するとまさしくマシューズになりますね。アメリカではハーモニック・ダンパーをTomorrow社(Axcel/TruBall)にライセンス販売しているくらいですので、特許があるのに…どうするのかな~
    HOYTでもターゲット用のカーボンハンドルが出るみたいですので、どのような工夫をしているのか、、、解決出来ていない問題がいくつかあるものの、10年くらいの期間で考えれば、上位機種のカーボンハンドルへの移行は避けられないと思います。
    > カーボンハンドルはいかんせん軽すぎるのが・・・
    > これもまたハンティング向けになってしまう気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。