GAS PROの取り扱い開始

a_79081ff.jpg

Jpアーチェリーは休まず営業中ですが、8月前半の韓国などのアジアメーカーのお休みに続き、今週初めまでの国内代理店とアメリカメーカーの休み、そして、今週の後半から、ヨーロッパメーカー・代理店の休みです。
届いているスケジュールでは22日で取引先全メーカーの夏休みが終了します(一番終わるの遅いのはイタリアのスピギャ…650送ってくれる前に休みに入った…涙)。取り寄せ等の納期は8月以降は取引先が夏休み入るので1週間程度は遅延する場合がありますと言ってきましたが、23日以降は通常どおりに戻ります。
本日より、正式にGAS PROのベインの取り扱いを開始します。国内のトップシューターの方も使用しているという情報がインハイブースチームから届きました。テストの結果も高ポンド、もしくは、重い矢では良好でした。2インチという長めで、かつ、その分背が低い設計の為か、高回転ベインにありがちなクリアランスの問題は報告されていません(起こらないとは言い切れないので…ご理解下さい)。
世界的に人気の為、いくつかの色(というか一番売れる白)は在庫切れになってしまいましたので、入荷できなかったサイズもあります。メーカーに補充され次第仕入れます。
サイズは、ソフト/ミディアム/ハードの3種類、また、コンパウンド用のミディアムとハードにはシールドタイプと対称型のパラボリックタイプの2種類あります。メンテナンスと価格では、VanetecのV-max(100枚/1,480円)に敵いませんが、気にいっていただけるかはともかく、矢飛びは全く違ったものになります(たぶん音も)。
硬い分ちょっとだけ重めで、ROMのスピンが0.7grに対して、ソフトで0.8gr、ミディアムで1.0gr、ハードで1.2grです。
でも、まぁ3枚でも最大1.5grしか重くならないので、FOCの変化はないと思います。お試しください~。


【上級者向け】真の軽量ハンドルFB6.3が入荷

110816_181319.jpg

本日入荷。いろいろとあったイタリア新生Fiberbow社の新作軽量ハンドルFB6.3です。名称通り、重さはカタログ値で630g。本日入荷したものの実測値は638gでした(リムボルト・クリッカープレート・グリップ等すべて込み)。
110816_181416.jpg

前作と比べて大きく変化したところはありませんが、仕上げのレベルは上がっていると思います。2本入荷しています。
持ってみると本当に驚くほど軽いですよ。まさに「真」の軽量ハンドルです。
軽いハンドルと言えば名前の挙がる木製の「SAMICK ポラリスハンドル(24インチ)」は762gで、プラスチック樹脂製の「Rolanハンドル 25インチ」で780gですので、当店の在庫の中では、一番軽いハンドルです。同サイズ(25インチ)で現状市販されているハンドルの中では一番軽いと思います。
21インチとか23インチサイズでないと対抗できるハンドルが思いつきません。
しかし、ハンドルの軽さがメリットになるかと言われると微妙です。ハンドル単体ではメリットですが、前のモデルの599を触ったことがありますが…スタビライザー等のセッティングがかなり難しいです。6万円近いハンドルを子供のおもちゃにするのであれば問題ないですが、競技用として使用するための装備(サイトやスタビライザー)をローランより軽いハンドルに取り付けるのですから、セッティングの幅が広いのか、逆にハンドルが軽すぎることによって、狭まったのかは判断が難しいところです
例えば、ハンドルの右側にサイトがついているので、左側のサイドか、何かのロッドにウェイトを足すという考えがありますが、ハンドルが1,500gもあれば、必要かどうか議論があるところですが、おおよそのサイトが200-300g程度であることを考えると、ハンドルの重さの1/3-1/2の重さのものが右側についているのですから、このハンドルの場合、反対側(右うちの場合左側)へのカウンターウェイトは必須かと思います。
もちろん、飛び出しやグリップの完成度・ハンドルの剛性は競技用モデルとして十分ですし、前のモデルは大きな大会での実績もありますが、他人のセッティングが参考にならず、自分でセッティングを考えないと、性能が引き出せないと思われる点で、上級者向けのハンドルとの説明を付けさせていただきました。
チャレンジしたい方はぜひ。
あくまでも参考としてのテスト入荷です。再入荷の予定は未定です。


もはや言い訳でしかないような…

コンパウンドの方での弓の販売に伴い、マニュアルの整備をしていますが、本日仕上がったHOYTのコンポジットハンドル・マニュアルを読めば読むほど…言い訳でしかないような…最初からハンドルにクラックがあっても3mm以下のものは保証しないなどかなり強気とか。。。
トラブルを避けるためでしょうか…現在、99,800円でカーボンマトリックスプラスの即納モデルを用意しましたが、クラックがあっても、小さいと返品できないなら、取り寄せての販売は怖いですね…
HOYT カーボンハンドル・マニュアル(PDF)
*先週にPSEとBowtechとHOYTの通常のマニュアルは仕上がってます。


ストリートビュー?!

 当店は東京都新宿区百人町という場所にあります。

JR中央・総武線 大久保駅、山手線 新大久保駅からとても近い立地にあり、日本一の乗降客数を誇る新宿駅の隣駅に位置します。

・・・・と言ってもなかなかピンとこない方のために、今日は「なんちゃってストリートビュー的」に写真でご紹介します。

まずは、、、

大久保駅から当店への感じ。。。

次に、、、

新大久保駅から当店への感じ。。。

さらに、、、

それぞれの方向から南へ入る道の様子。

いかがですか?

なんとなーく、イメージしていただけましたでしょうか。

JPアーチェリー大久保店は、今をときめく韓流ブームのメッカのど真ん中にて皆様のお越しをお待ちしております♪


シューティングマシン

“本店”のブログでアップされています通り、本日スポットホッグ社のシューティングマシンが設置完了しました。

人ではなく、マシンがうつので、まず間違いなく一定の成果が出ます。

操作はカメラなどで使う「レリーズ」を用いてリリーサーのトリガーを押します。
実際にうった所の動画は本店のブログでご確認いただくとして、画はかなり地味ですよ(苦笑)

でも毎回、全く同じ射を繰り返すので、このマシンで実際に距離をうつと、理屈的には全射10金に入るはずですよね。

例えば、ハイエンドモデルの弓でうつと全射10金に入るのはまず間違いないと予想されるのですが、これがミドルレンジのモデルや、エントリーモデルの弓だとどうなるのか。
そこにとても興味があります。

実際に射場に持ち込んでうつ事ができるかどうかは、射場責任者への許可が必要になってきますので、今ここで実現可能かどうかの明言は避けさせてもらいますが、いつか必ず実現させたいと目論んでいます・・・( ̄= ̄)フフフ


Spot Hogg Hooter Shooterセッティング完了

110814_164728.jpg

本日設置完了。ちょっとうっただけですが、いろいろと出来そうで楽しみです。
前のブログにイーストンのデジタルシステムで測定したfx曲線をアップしましたが、こちらのウィンチは1クリックで約2.2mmですので、その解像度でFx曲線の測定が可能です。2011年モデルが出たら、色々と調べてみたいと思います。このシステムで遊びたい人は大久保店の営業時間内にお越しください。
 

動画です。地味です。。。。
もう一台あります。欲しい方は原価でお渡しします(18万円ほどです)。いろいろとテストしてみて下さい。
*今後、色々なテスト・評価をアップ予定です。信用しない方がいるかもしれないので、納得いかない方が弊社弓具評価環境と同じ環境で、ご自身で追試するしていただくためにメーカーに2台分発注しました。いつでもお渡しできます。


Krossenの新しいスタビGladius

110806_113340.jpg

テスト中。Krossenの新しいスタビライザーGladius(グラディウス)。仕上げはつや消しでいい感じ。
かなり軽いです。ブッシングが重く、ロッドが軽量なので、サイドロッドはそうでもないのですが、センターロッドはACEよりも軽く、市場に出ているスタビライザーでは最軽量かなと思います。
打った感じは…CEX2みたいとの事(by 京都店スタッフ)
まぁ、あれも軽くて硬いですね。
明日もテストテスト。。。


新しいファーストフライト弦が届きました。

110811_210413.jpg
あちぇ屋で販売しているファーストフライト弦ですが、発注先を変えてみました。いままでは、サイズはこちらで書き入れていましたが、今度のものは書き込んでくれています。Flexが最初に採用し、今では世界標準になりつつあるチューブ入りでのお届けでする。
いろいろと見てみましたが、問題なく販売できる品質だと思います。サイズ入り・プラスチックチューブ入りで、現行のものと同じ価格で販売する予定です。ちょっとバージョンアップですかね。
検品後、明日のアップ予定です。
また、先週にPSE社の国内販売店から昇格し、日本正規代理店となりました。コンパウンド中心の取引ですが、頑張ります。アメリカのメーカーの中では、HOYTはおそらく、10月17日の新製品発表だと思いますが、PSEの方がいつも、1-2週間早いので、一番最初に新製品を紹介できるメーカーになると思います。ご期待下さい。


JPアーチェリー京都の宣伝です。

2011081021140001.jpg
2011081021140000.jpg

昨日の京都店の業務報告より抜粋
>>京都店がどんどん闇ショップ化していきます。。。。。
との事。クマ店長から京都店のブログでの宣伝を依頼されたので、ただの宣伝です。
商品のプロとして…左から2番目はカーボンブレード、3番目はグリップの色からして、SAMICKのアスリートハンドルのような気がしますが、両サイドの方が手にしているのは…分からない。。。そんなプロショップです。
一階は焼き肉屋という噂だったけど、どうなっていますか?
JPアーチェリー京都
----------------
JR京都駅徒歩7分、京阪七条駅徒歩5分
〒600‐8146
京都府京都市下京区七条通高倉東入材木町476 松本ビル2F
営業日 : 火~日 / 月祝日休み
営業時間 : 12:00-21:00


今、T.R.U. BALL リリーサーがアツい!

今日は、 先の日記でコメントいただきました、KenKen様のご質問にお答えする形で、ご紹介します。

先月イタリア・トリノ行われました世界選手権で表彰台を独占したT.R.U. BALL リリーサー。

優勝したクリストファー・パーキンス選手は、「BT-Gold PRO BRASS」を使用しています。
この「BT-Gold」にはアルミハンドル(BT-Gold)とブラスハンドル(BT-Gold PRO BRASS)の2種類あります。

BT-Gold
写真はBT-Gold PRO BRASS

2位のジェシー・ブロードウォーター選手はメーカーリリースによると「HTリリーサー」との事なのですが、プレス写真や動画などを見ると、どうやら「BT-Gold PRO BRASS」のようです。
ちなみにこのブロードウォーター選手、先日アメリカ行われた大会で30mの世界記録を出した模様です。(360点・X数34本)

3位のレオ・ワイルド選手は、「HTリリーサー」です。これはT.R.U. BALL社のホームページでも紹介されていますので、みなさんご存知ですね。

以上のように、どうやら今、世界のトップ選手たちの間ではT.R.U. BALL社のリリーサーがアツいようで、あちぇ屋CPでも、カーター社やスタン社を差し置いてこのT.R.U. BALL
社のリリーサーについてのお問合わせや、お買い上げが続いています。

ぜひ、この機会にいちど、お店にお越しいただいて、その目で、その手で T.R.U.BALLリリーサーをお確かめください!!