この記事は2011年6月5日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

HMCと見せかけたPlus

なかなか、ブログを更新できません。。。8月の業者向けリリースでHOYTの2012年モデルが出ます。正式発表は例年10月15日あたりですが、各国代理店頼りだったHOYTも近年は、自分自身での情報発信をするようになり、昨年はHOYTのWebページにて新モデルを先行発表しています。今年もこのブログでもお伝えしますが、たぶん、HOYTのFacebookのページの方が早いです(英語ですが)。
Hoyt Archery: Maker of the World’s Best Bows
http://www.facebook.com/Hoyt.Archery

ということで、業界全体が、雰囲気的に2012年に移りつつある現在、あまり、ネタがないです…(このブログの更新が少なかったのは決算申告や年度更新の事務処理が理由ですが)
6月に新入荷予定の商品と言えば、SVLの弦ワックスくらいでしょうか。あ、あとはSFの新しいタブが入荷予定です。KAYAのファーストフライト弦もありました。
また、KAYAの収納チューブ付きのファーストフライト弦の入荷に伴い、計画では、設立以来販売をしてきました下記のファーストフライト弦の販売を終了する予定です。KAYAからはまだ、入荷時期の連絡が来ていませんが、6月中に納品してくれるのであれば、既存のファーストフライト弦の再入荷はありません。
ファーストフライト弦 黒
http://archery.cart.fc2.com/ca16/6/p-r16-s/

また、SAMICKからは6月の後半をめどに、新しいMasters MAXというハンドルが出荷されると言う連絡が来ています。延長されないことを祈ります。また、別の新しいハンドル(アバンテ)も開発中だそうで、こちらは7月の出荷を予定しているとか。ただし、こちらはHOYTのEXCELや、SFのPremiumと同じくらいの価格帯の初心者用のハンドルだそうです。
書き出したら、意外とありましたが、以上が6月入荷予定の新商品です。HOYTでは2012年に向けて、GMXの価格を改定しました。新しい価格は49,800円です。更新のなかった間に入ってきた物では、CXTのショートハンドルはぼちぼち入ってきています。

110605_161241.jpg

最後に、限定一本でレアもの(?)のHMCと見せかけたHMC plusを販売中(終了しました、ありがとうございました)です。HMC Plus 黒の28インチのスタビライザーにHMCのロゴが印刷されています。WINのミスプリント品です。とはいっても、中身はHMC plusなので、価格はHMCよりは高く設定しました。性能に問題は無いので、射場での話のネタにいかがでしょうか。


ffp_y.jpg
コメント返信用の写真です。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

5 thoughts on “HMCと見せかけたPlus

  1. SECRET: 0
    PASS: 320c04e4df91cec22dc893b45eeb8372
    FivicsのF1ハンドルについて4月の販売開始予定が、夏ごろまで延期との記事以降の開発の進行、発売開始予定の情報はありますか?
    こちらの6月新入荷予定にもなくカタログ発表後なんの動きもないようなので少し気になりました。
    発売されたとしてもFivicsにとって第一作目のハンドル、信頼性性能実績も未知なものだけにこちらは早々に手を出さずしばらく様子を見た方が無難でしょうか・・・・
    各メーカーともハンドルのモデルチェンジが早くなっていますので消耗品と割り切れば良いのでしょうが・・・

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    FFplusの原糸の黄色がどういう感じか見たいので写真をとってブログに載せていただけませんか?

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    写真ではなかなかうまく撮れませんでした…
    http://www.brownellarchery.com/2011color.pdf
    これでご覧になれるカラーチャートが公式のものです。当店で在庫しているのはBright Yellowという色です。
    その他、黄色っぽい色としては、
    ・Fluorescent Yellow
    ・Golden Yellow
    ・Lime Light
    の3つが存在します。こちらの色をご希望の場合は、取り寄せになりますので、一度メールにてご連絡下さい。
    > FFplusの原糸の黄色がどういう感じか見たいので写真をとってブログに載せていただけませんか?

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    写真はこちらの記事の最後に追加しました。
    > 写真ではなかなかうまく撮れませんでした…
    >
    > http://www.brownellarchery.com/2011color.pdf
    >
    > これでご覧になれるカラーチャートが公式のものです。当店で在庫しているのはBright Yellowという色です。
    >
    > その他、黄色っぽい色としては、
    >
    > ・Fluorescent Yellow
    > ・Golden Yellow
    > ・Lime Light
    >
    > の3つが存在します。こちらの色をご希望の場合は、取り寄せになりますので、一度メールにてご連絡下さい。
    >
    > > FFplusの原糸の黄色がどういう感じか見たいので写真をとってブログに載せていただけませんか?

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Fivicsではリムを先行して販売しています(弊社での取り扱い予定はございません)が、ハンドルは8月の末には出すと言う連絡を5月に受けています。
    > 発売されたとしてもFivicsにとって第一作目のハンドル、信頼性性能実績も未知なものだけにこちらは早々に手を出さずしばらく様子を見た方が無難でしょうか・・・・
    基本的な構想・アイデアは良いと思います。ただ、例えば、アスリートハンドルの問題点が、設計ではなく、センターブッシングの接着不足にあるように、既存のハンドルでも、多くの問題点は根本的な設計ではなく、細部にあります。以前、Fivicsと以前話した時には、ウッドグリップの量産でつまずいているようでした。ウッドグリップを機械で大量生産する能力があるのは、現在HOYTくらいです。
    F1ハンドルの購入についてはお勧めしません。こちらでも、半年程度はテスト入荷にとどめて様子を見るつもりです。おそらく、すぐにマイナーチェンジモデルが出るので、その時が買い時でしょうか。
    > 各メーカーともハンドルのモデルチェンジが早くなっていますので消耗品と割り切れば良いのでしょうが・・・
    そんなことは無いと思います。各メーカー新しい挑戦をしているので、変わったハンドルを出すこともあれば、基本に戻ったハンドルを作ることもあります。HOYTで言えば、基本に忠実なマトリックスハンドル後に、テックハンドルや、揺れるハンドルや、プランジャーホールの位置を変更したハンドルを作り、ダンパーをハンドルに埋め込んだりとした後に、また、基本に忠実なGMXハンドルを作りました。
    そのサイクルに合わせて、ハンドルを購入すれば、消耗品では無い良い乗り換えが出来るのではないでしょうか。GMXの後に、現在HOYTはFormulaにチャレンジし、次期モデルもいろいろとチャレンジするようですが、さらに、その次のハンドルでは完成度の高いハンドルがまた出てくると、個人的には予想しています。
    > FivicsのF1ハンドルについて4月の販売開始予定が、夏ごろまで延期との記事以降の開発の進行、発売開始予定の情報はありますか?
    > こちらの6月新入荷予定にもなくカタログ発表後なんの動きもないようなので少し気になりました。
    > 発売されたとしてもFivicsにとって第一作目のハンドル、信頼性性能実績も未知なものだけにこちらは早々に手を出さずしばらく様子を見た方が無難でしょうか・・・・
    > 各メーカーともハンドルのモデルチェンジが早くなっていますので消耗品と割り切れば良いのでしょうが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。