この記事は2011年5月26日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

SVLのニューモジュラーとFUSEのウェイトとか。

千葉店のオープンに力を入れている間にいろいろと入荷しています。紹介が遅れ申し訳ございません。少しずつアップしていきます。

110526_201019.jpg
110526_200731.jpg

本日、アップ分はSVL(SIMS)のニュー・モジュラースタビライザーです。アメリカ選手がよくF3リムのアッパーについている”アレ”です。単純にアッパーとして見た時に、飛び出しはFivicsなどの長さがあるロッドの方が良いですが、振動吸収には優れています。カウンターにもいいかもしれません。
新しい2011モデルは64gです。メーカーのホームページです、90gと表示されていますが、そのうち修正されると思います。色は4色になりました。写真のF2にくっつけてみたやつが赤です。
1ozw.jpg

それと、なぜ、いつもDoinker(FUSE)はロッドとウェイトを一緒に発売しないのか理解できないのですが、やっと、FUSEのウェイトとボルトが入荷しました。ショップの商品説明にも書きましたが、FUSEのカーボンブレードの場合は、長は短を兼ねません。一番長い2インチボルトはあくまでも、5-7個ウェイトを装着するとき用で、そのボルトで1っ(1オンスウェイト換算)だけのウェイトを装着は出来ません…まぁ、4つ分の厚さ分のワッシャーを入れたりすれば、出来なくもないですが…。
装着するウェイトにあった長さのボルトをお選びください。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。