Dear Manufacture and Distributor..

メーカーや代理店の皆様へ
Dear Manufacture and Distributor,
今回の地震でご心配をおかけしております。
I’m sorry to make you worry toward this terrible earthquake.
JPアーチェリーは東京オフィス・大宮オフィスともに無事です。
Both JP Archery Tokyo office and Omiya office is safe, everything is working as usual.
一部のメーカー・代理店からは心配の電話をいただいたようですが、
東京では地震直後からネットワーク障害が生じたために電話が不通でしたが、私達は無事です。
In Tokyo electrics and networks were both down after the earthquake, but safe with no damage.
本日より営業を再開します。
We will open both office from today.
宜しくお願い致します。
Thank you.
Ryo Yamaguchi
CEO
JP Archery Co.


【更新】あちぇ屋、最新の状況

本日の午後、気象庁で下記の発表がありました。


M7以上の余震 確率70%超

今回の地震で気象庁の横田崇地震予知情報課長は13日午後、記者会見し、今後3日以内にマグニチュード7以上の余震が起きる確率は70%以上と非常に高く、引き続き余震や津波に厳重に警戒するよう呼びかけました。
(ソース: NHK)


との事です。詳細はNHK等の報道をご参照ください。
大きな余震により、再度、首都圏で交通網がダウンする可能性が考えられますので、本日より火曜日までの三日間は、JPアーチェリーあちぇ屋・JPアーチェリー大宮ともに、最少人数で営業します(それぞれ、村田と山口一人ずつで営業の予定です)。
お客様には不便をおかけしますが、ご理解の程宜しくお願い致します。


Yahoo!基金 – 緊急災害募金 の案内

bp.jpg

あちぇ屋のトップページでも案内している通り、現状、日本赤十字社の震災救援金の受け付けは、関係各所との調整の為に開始されておりません。また、アクセスの集中を受け、日本赤十字社のトップページは簡易表示となっております。リンクはしません。
そのため、こちらからは、ブログや口コミでの紹介などによりトラフィックが集中したらしても、サーバーを維持できると思われる「ヤフー基金 – 緊急災害募金」を紹介させていただきます。
・インターネット募金「緊急災害募金」 – Yahoo!ボランティア
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html#purpose

法人での経理処理が不明なため、株式会社JPアーチェリーとしては、募金していませんが、個人的に協力させていただきました。
日本赤十字社の該当救援金の調整がつき、サーバーへのアクセスが落ち着いたのち、そちらも紹介させていただく予定です。ご協力お願い致します。


【追記】
昨日、紹介時(12日16時)には5000万円だった募金額が、24時間経過した13日16時時点で、3億円を超えました。
募金人数も5万人から、20万人を超えています。
みなさんのご協力に感謝します。
日本赤十字社のサーバーが一時ダウンののち、現在は復帰していますが、まだ、日本赤十字社による募金は開始されていません。引き続け、こちらを紹介させていただきます。


あちぇ屋、最新の状況

夜が明け、地震の被害状況が明らかになってきました。
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
被災地の早期の復旧をお祈りいたします。
地震については、防災の専門家ではありませんので、ブログではこれ以上は書きません。

弊社の状況のみ、更新させていただきます。
JPアーチェリー大宮店はスタッフ二名が会社に一泊し、本日早朝帰宅したという連絡がありました。
通常通り、月曜日から営業予定です。
あちぇ屋の方ですが、本日、様子を見るために自転車で会社まで出勤しましたが、多くのお客様から注文がありました。一方で、アーチェリーメーカーからは心配のメールや、地震の被害があった場合には請求の支払い期日を延長しますなどのメールがありました。本当にありがとうございます。
あちぇ屋の発送の方は週末を控えて、発送用資材や在庫が十分にありますので、発送業務に問題はありませんが、佐川急便の方で、高速道路や国道の通行止めの影響で、下記のような状態との連絡がありました。


北海道地方及び東北地方(青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県)及び茨城県行きのお荷物の集荷を見合わせております。またこのエリア内での集荷についても見合わせております。


該当地域のお客さまへは、発送は通常通りに行いますが、いつもメールで案内を差し上げている通り、集荷が24時間以内にされない可能性があります。ご理解下さい。明日も担当がこちらに説明に来るということでしたので、最新の状況が分かり次第、更新します。
また、来週に入荷する予定の商品が遅れる可能性がありますが、荷物の動きには問題が無いようで、混乱が生じたとしても通関時の混乱に限定されますので、遅れても2日程度です。ご安心ください。こちらも、状況に変化があり次第、更新させていただきます。
お客様にできるだけご迷惑をおかけしないよう努力します。今週は土曜日・日曜日も営業します。スタッフは全員お休みしていますのでご安心ください。自分は最悪、自転車で帰宅できますので大丈夫です。宜しくお願い致します。


CXT&RCX&DENさんの続き。

多くのお客様から問い合わせのあったWINの2011年の新モデルが来週の水曜日頃に入荷します。
こちらでオーダーしていたのは、
・RCX-100ハンドル RH x 5
・RCX-100ハンドル LH x 1
・INNO CXT ハンドル RH 25インチ 赤/白 x 2
・INNO CXT ハンドル RH 25インチ ネイビー/白 x 6(うち、予約2)
・INNO CXT ハンドル RH 23インチ 赤/白 x 2
・WINEX ハンドル RH 白 x 2
・WINEX ハンドル RH 赤/銀 x 2
・WINEX ハンドル 青/銀 x 2
です。
発注分が一気に入荷しますが、赤/白とネイビー/白はWIN&WINから第一便で送られた分が、いろいろなショップからの予約で終了したようですので、当分は再入荷の予定がありません。ご注文はお早めに。在庫が無くなった場合の再入荷には1カ月程度かかると思います。本日、代理店からの出荷確認が取れ次第在庫にアップします。
また、昨日のデンクイーバーの記事をご覧になっていただいたお客様から、早速、デンさんに注文が入ったようです。ありがとうございます。クイーバーやチェストガードやタブの職人さんで、長年実際手作りで製作していた会社ですので(クイーバーはフル稼働で週20-30個作れるそうです)、その分野にかかわる質問や要望であれば、どこのブロショップよりも詳しく答えてくれるかと思います。

DSC00479.jpg
DSC00480.jpg

記事に加え忘れましたが、デンさんから素敵なブレスレットをいただきました。モデルによっては、ハンドルに取り付けることも出来るそうです。ということで、先着6名様に、ご注文時に備考欄に「日本の職人を応援します」と書いて頂いた方にプレゼントします。宜しくお願い致します。
●●●タブを作っているのは、その会社ではない場合がほとんどです。多くはその裏でどこかで職人さんが、下請けとしてショップの定価の1/3程度のお金で作っています。ショップの取り分が2/3。だから、20-30%割引しても十分元が取れ、30%割り引いても職人さんの取り分よりは多いです。
こういった方が長らく日本のアーチェリー産業を支えて来ましたが、その存在が語られることは、ほとんどなかったと思います。顧客への直販もしている所であればまだしも、デンさんのように、直販をしていないと
昨日の記事で、そういった方々の存在と、大手代理店が商品の出口で支配している構図が変われば、日本の製品にはまだ十分に価格競争力がある事を理解いただければ幸いです。


WIN&WINの新しい高速リムRCX-100リム入荷しました。

110310_172912.jpg

数ペアですが、WIN&WINの新しい高速リムRCX-100リムが入荷しました。タワーエフェクトを採用して、安定性を重視したINNO EXシリーズに対して、ハニカム構造(もう採用されていません)を採用して矢速を追求したかつてのWINEXリムの進化系としての位置づけになるかと思います。EASTONで言えば、X10とACEの違いでしょうか。
横から見たところ。RCX-100リムは素材にINNO EXと同じものを採用しているようですが、WINがタワーエフェクトと呼ぶ、対称的な構造はしていません。写真がうまく確認できないかもしれませんが…。
リムは手元にある同じフォーム構造のINNO EX POWERが180gであるのに対して、RCX-100は11gも軽い169gになりました。(Mサイズ40ポンドのアッパーリム)
110310_172756.jpg110310_173012.jpg
110310_173047.jpg

日本製の良いものを。次はチェストガードです。

110310_120336.jpg

堂々と言っちゃうそうなので、もうこっちでもそのまま書きます。昨日は、エンゼルのクイーバーを長年下請けで作製してきたデンさんと再度打ち合わせをしてきました。
いろいろとありますが、昔にエンゼルさんが自社の広告に、同じようなことを書いていて、サミックには情熱が理解されなかったと言っていたのを思い出し、うん、因果は廻るということでしょうか。
さて、何度か書いてきましたが、業界内では不満がたまっています。引き続き、代理店に意見が言えない・言わないところもあれば、自分たちで打開策を探るために行動を始めた所もあります。
今まで、海外で100円で販売されている商品が、国内では600円で販売されているということ、そういったぼったくり商売について書いてきましたが、反対に、国内で製造されている日本製の商品、例えば、エンゼルのクイーバーは2万円近くしますが、実際に製作している下請けの職人さんに支払われている金額を知ったら、みなさんびっくりすると思います
そして、さらなるコストダウンの要請、応えられなければ、下請けは切られます。
昨年の7-11月にエンゼルのクイーバーを注文された方はご存じだと思いますが、そのころには2-3カ月程度、納期が遅れました。今までずっと製作していた、デンさんからの切り替えが行われました。
販売元にすれば、下請けなどいつでも仕事を切れるんだぞということでしょうし、実際、3ヵ月間の製造停止・遅延で、エンゼルクイーバーの製造は切り替われました。この事実をどう評価されるかは皆様にお任せしますし、コストダウンして利益を増やすことを会社の目的にすることも悪だとは思いませんが、自分たちが出来る部分では、国内のこのような現状を変えていきたいと思っています
110310_124101.jpg

今回はデンさんでオリジナルのクイーバーを作ります。小売価格は10,000円で、私達の仕入れ価格当然もっと安いのですが、それでも、職人の皆様の取り分は2万円近いエンゼルクイーバーを作っていた時よりもはるかに高いのです。
日本製品・日本の高品質のアーチェリー用品・高くても自国製品を買おうという行為には疑問を感じます。それよりも、職人さんはギリギリの所で頑張っています。小売りで4,000円のタブを作っている職人が大手代理店に納品する時の納品価格はすごいです。あちぇ屋で3,480円で販売している韓国製のセーカータブよりも手取りは安いのです。
日本のものづくりが優れているのは、品質だけではありません。作っている職人さんにわたっている工賃で見れば、価格でも韓国や中国より十分に優れています。
知れば知るほど、少なくともアーチェリー業界においては、日本製品が韓国製や中国製に負けている原因は、グローバル競争ではなく、国内のドロドロとしたものにあると感じます。
ともかく、DENクイーバーはきっとお客様に認められる商品になると信じていますが、当面は直接デンさんに注文をして下さい。カタログをPDFでアップしておきます。3月の後半から4月にはあちぇ屋とJP大宮でも販売を開始します。また、カタログの3-5の生地指定のクイーバーや、全パーツ指定のクイーバーは電話やFAXでは生地の説明が出来ないため、大阪のデンさんの工場兼プロショップに直接訪問しての発注が必要です。
DEN クイーバーカタログ
http://archery-shop.jp/catalog/denquiverP1.pdf

110310_120431.jpg

さて、長くなりましたが、クイーバーはデンさんの商品として、あちぇ屋の方では、オリジナルでチェストガードの開発をお願いします。柔らかく・弦の滑りの良い生地を探して頂きました。良いものになりそうです。
さらには、価格も提示して頂きましたが、値切らずとも外国製に負けない価格です。今日発注を出す予定です。
また、希望のあったハンドルカバーの開発もお願いしました。
リムカバーもクイーバーもチェストガードも日本製で、かつ、手作りです。だからといって韓国製より高いわけではありません。むしろ、代理店というお客様への出口を大手が独占した結果、韓国メーカーの出荷価格よりも、さらに安い価格で国内の職人たちは仕事を強いられています。そのままでは、どこも後継者を育てる余裕はありません。
直接、職人さんにお金が渡る仕組みを作れば、日本で良いもの安く作ることは出来ます。今年の私達のチャレンジです。


FUSEのバー その2

DSC00478.jpg

在庫にアップしました。カタログを見てイメージした商品と入荷したものが同じという時もあれば、全然違う時もあるのですが、今回はサイズです。ショップでも比較の写真をアップしましたが、既存のVバーと比較してひと回りは違います。重さもWINのCXカーボンの82gに対して、カーボンブレードVバーは倍の166gです。
重い理由はステンレスのSAボルトが大きさからなのですが、上下に振動が集中するカーボンブレードスタビライザーにはある程度重い方が良かったのでしょうか。このシンプルな形状で機構が無く、この重さになっているVバーははじめてみました。アルティマVバーのような重いVバーが好きな方にお勧めです。
また、FUSEのチューニングマニュアルが届きましたのでアップします。
FUSE カーボンブレード・チューニングマニュアル
http://archery-shop.jp/manual/carbon_blade_instructions-jp.pdf


SF フォージド PLUS ハンドルが入荷

DSC00477.jpg
SFアーチェリーの新しいカタログと新しいハンドルが届きました。昨年、ヨーロッパでは大変好評だったので、ラインナップに大きな変更はありません。新しくは、フォージド、フォージド・プロと続くフォージドハンドルの3世代目、フォージドPLUSハンドルが発売されます。
また、細かい所では、プロ・カーボンハンドルがマイナーチェンジし、アルティメイトハンドルとなります。デザインが一新し、新しく「カーボン・ブラック」という色が発売されます。品質も安定し、今まで販売していませんでしたが、価格次第では取り扱いを開始する予定です。
その他で大きな変更はありません。

DSC00473.jpg

こちらが、フォージドPLUSハンドルです。25インチのみで、重さは1,150gです。グリップはフォージド・プロと同じもの。
DSC00474.jpg

デザインはWINが作っているハンドルの中では、かなりシンプルな部類に入るのではないかと思います。デザインの善し悪しはもう個人の好みの世界ですが、個人的にはハンドルのこのラインにかなり惹かれます。CXTハンドルは性能的には抜群に良いと思いつつも、ショップでもお勧めしていますが…この部分がほっそりしているハンドルが好きです。ずっと使っているウルトラハンドルもそれが決め手で買いました。
DSC00476.jpg

センター調節機構は従来通りです。
DSC00475.jpg

リムポケットはPSEのXアピールのような完全むき出しではなく、若干の高さがありますが、リムボルトとリムの角度の確認は十分にできますので、リムボルトとリムがキチンと接しているかの確認はかなり楽です。写真はアルティメイトプロリムをセットしたところ。
同価格帯のアルミハンドルでは、2011年はCartelのMidas MPS ハンドルSAMICKのVisionハンドルもテストしました。
それらを比べ(卸価格は同じくらいです)、このハンドルの完成度はかなり高いと思います。このクラスのモデルではいい加減になりがちな塗装の質もかなり良く、デザインも多くの部分がオリジナルです(センター調節パーツの裏側などはWINEXのデザインを転用しています)。2011年はこの価格帯のアルミハンドルではこのハンドルで行こうと思います。
新しいフォージドハンドルの発注は今日出す予定です。入荷は4月の初旬かと思います。現在、在庫している旧世代のフォージドハンドルは値下げしての販売となります。宜しくお願い致します。
サンプル品は明日から大宮店で展示致します。試射も出来るよう準備させますが、価格はまだ未定です。


FUSEのVバーなど

DSC00472.jpg
今日は本当に忙しい一日で…2回くらいしかPCに触れませんでした。
会社を出る前にちょっとだけプログを更新します。
みなさん合宿あけで今シーズンの準備に入ったとこでしょうか。週末にかなりの数のスピンウィングとエンドテープとボーニングのフレッチングテープの注文が入りました。出来るだけ、明日までには入った注文はすべて発送できるよう頑張ります。
ブログの記事へのコメントありがとうございます。返信していないものは明日には返信を書けるかと思います。
MK1440リムが早速4ペア旅立ちました。ありがとうございます。
何回か書いているかもしれませんが、アーチェリーショップの仕入れには主に3種類あります。
工場・メーカーへの直接発注では、仕入れ価格は安いですが、納品が遅く(WINの中国工場で30日程度、フランスのUUKHAとStringflexは3週間、MKは45-60日)、技術的なサポートは良いのですが、事務対応は遅いです。
代理店への発注では、仕入れ価格は中くらい。納品は早くてだいたい2-3営業日、技術的なサポートは速くないですが、返品などの事務的な対応は早いです。
最後は、ショップ同士や代理店同士での身内でのやり取り。私達はFivicsの日本代理店の1つですが、発注は1カ月ごとにしています。しかし、自分の判断ミスで納品から2週間でSaker1のバックスキンの在庫が無くなった時は、それだけためにメーカーに発注は出来ませんので、正規代理店であっても、他店から仕入れます。Fivicsの代理店同士で、別のFivicsの代理店から商品を貰ったりします。
それぞれメリット・デメリットがあり、それをどう組み合わせてお客様への納期と価格を最適化するかが自分の仕事なのですが…なかなか勉強することばかりです。
今回は、まさかのMK1440リムがこれほど人気だとは思わなかったために各サイズ1ペアで発注をかけていました。反省です。今後は、在庫数の確保と、在庫切れ後の入荷を早めるために、他の代理店との関係の強化などにも力を入れる予定です。
それと、FUSEのカーボンブレードシリーズですが、発注している商品のうち、先週末にVバーが届きました。今週中には在庫にアップします。
発注している商品でまだ届いていないのは、サイドロッド・アッパー・ウェイトとウェイトを装着するためのマウントネジです。Vバー同様完成次第の納品との事です。本当に毎度、なぜ、FUSE(=Doinker)はウェイトとスタビを同時に納品しないのか不思議です。AVANCEEシリーズでロッドの出荷が始まってから、ウェイトの出荷が始まるまでは約5カ月程度の時間あったと記憶しています。今回は2カ月くらいのタイムラグでウェイトが出ると聞いていましたが、もう3カ月たってますしね。お待たせしているお客様には本当に申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちを。
今年は3月に掛川で行われる全国選抜の協賛とブースの出店します。宜しくお願い致します。
それと、声をかけたところ、Fivicsの社長も来ると言っていましたし、SFの担当者も来るので、もしかしたら、期間中、あちぇ屋を1-2日程度臨時休業して自分もいくかもしれません。
後は、SFアーチェリーの新しいハンドルのサンプルが届いています。カタログは大宮店で配布中ですが、新しいハンドルなかなかいいです。明日、時間があれば紹介する予定です。今週中には発注を作るので、新しいハンドルの入荷は4月の上旬かなと思います。
では。
追記:
確定した荷物では、
1.スピンウィングは来週の入荷予定です。
2.Titanのマイクロファイバーサイトピンが今日オーストラリアを出ました。早ければ金曜日、もしくは、来週の月曜日の入荷です。
3.WIN&WIN RCX-100リムは今週の木曜日の入荷です。