この記事は2011年2月19日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

JPアーチェリー韓国研修3日目

RIMG0481.jpg

(フォーム分析)
アンニョハセヨ~
研修3日目です。
昨日はフォーム分析後ビギナーズボウでひたすらフォーム直しとリリース直しをしました。
本日は自分の弓で練習…がっ!!!!!!
重くて重くて…きつかったです。
新しいリムの素晴らしさを改めて実感しました。
本当にすごいです。リリースの抜けが最高です。
ただ、たまに速すぎてついていけなかったりしてます。
(以前の記事に書きましたが、12月にG3→INNO EX POWERに)
5Mほど離れ近射をずっとしてましたが本日は70Mをうちました。
距離になったとたんに引き戻しの連続……
怖いのと重心の位置が分からずパニック…
キム先生がおっしゃるには、近射も距離も同じパワーでうっているから同じ。
引き戻しは良くないとおっしゃってました。
距離になったとたん引き戻しをするのはメンタルに原因との事。
反省です…。
今日は練習内容について質問させていただきました。
Q.韓国選手の平均ポンド数
A.男性:44~46ポンド
 女性:42~44ポンド
Q.1日の練習時間の平均と本数
A.4~5時間ぐらい…
1回に射つ本数が24本程度で高校生では500射ぐらいが当たり前だそうです。
大学生や社会人は400射ぐらいだと…
すごい…っつ!!
Qグリップについて。
A.手の形や指の長さ・大きさが人それぞれ違う為
パテを盛る事で自分に見合った形にした方が良いとおっしゃってました。

RIMG0492.jpg

夜ご飯は焼肉です☆
パワー付けて明日もがんばります。
(追記:山口 研修費に食費が含まれているという説明は受けましたが、こんなに豪華なのか!!! おれなんて…夕飯は…ううう)


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、現在はベアボウにも挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “JPアーチェリー韓国研修3日目

  1. SECRET: 0
    PASS: d0a50781fc33f79db5db9d3b393d31b5
    いつも楽しくブログを拝見しております。
    今回の村田さんの研修レポートは特に興味を持っています。
    レポートの中で、ビギナーズボウによるフォーム直し&リリース直しと書いてありましたが、具体的にどのような目的で何を行っているのでしょうか。
    差し支えなければ紹介していただけますか。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは。拝見いただきありがとうございます。
    ビギナーズボウでフォームの基本動作を最初から教えていただいてます。
    私の最大の悩みは顔が上にあがり、鼻に弦がつきません。
    これを少しサイドアンカーにすることで鼻に弦が付きました。
    私の今ある癖を修正させるためにビギナーズボウでひたすら正しいうち方の特訓をしています。
    > いつも楽しくブログを拝見しております。
    > 今回の村田さんの研修レポートは特に興味を持っています。
    >
    > レポートの中で、ビギナーズボウによるフォーム直し&リリース直しと書いてありましたが、具体的にどのような目的で何を行っているのでしょうか。
    > 差し支えなければ紹介していただけますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。