この記事は2011年2月17日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

2010広州アジアパラアーチェリー選手権 男子コンパウンドW1決勝戦


おとといに続き、昨日の夜には広州アジアパラアーチェリー選手権の男子コンパウンドW1決勝戦の様子もアップされました。
日本の斉藤紳一選手と南浩一選手の日本人同士の決勝戦です。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

One thought on “2010広州アジアパラアーチェリー選手権 男子コンパウンドW1決勝戦

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    山口様
    先日、購入した弓の不具合についてinfo@archery-shop.jpへ問い合わせメールを差し上げましたが、1週間が経過した今日になってもいまだお返事をいただいておりません。
    不適切と承知の上で、このコメント欄にて再々度ご連絡させていただきます。
    2/8に届けていただいたformulaRXとF2リムについてです。問い合わせメールは2/9に、ご返信の催促は昨日に、それぞれお送りしております。その間、3度お電話差し上げましたが、1度も出ていただいておりません。
    早急にご確認の上、メールにてご連絡ください。お忙しいのは重々理解しますが、顧客の問い合わせをこれ以上放置されるのは、小売業として感心できるものではないと思料します。
    よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。