3月について。MK VERAは今週末の予定。

個人的な事情(共働きで現在4か月の双子達を保育園にいれる必要があり、そのための生活リズムが…どうのこうので…21時前に2人ともお風呂に入れる必要があるみたい)で大変申し訳ございませんが、今日から4月の始めまで、20時前には会社を出なければいけなそうです。
スマートフォンをゲットして、家でも仕事が出来る環境を構築する予定ですが、入荷等ではちょっとご迷惑をおかけするかもしれません。発送に関しては従来から集荷の締め切りが19時でしたので、特に支障はないと思います。
(いまさらですが…赤ちゃんって体が成長すると…泣き声の大きさも成長するんですね…当り前か。。)
さて、今日はMKのVERAリムが韓国を出たというお知らせが来ています。出荷されたリムは
MK KOREA VERA WOOD / CARBON LIMB M32 x 2
MK KOREA VERA WOOD / CARBON LIMB M34 x 2
MK KOREA VERA WOOD / CARBON LIMB M36 x 5
MK KOREA VERA WOOD / CARBON LIMB M38 x 5
の14ペアです。このうち、予約済みのリムがいくつか含まれています。木~金曜日には入荷すると思います。ショップには、明日予約分を除いた数量をアップ予定です。MK1440リムと在庫切れになっているVERAのLリムの入荷は2週間後の便を予定してます。
新規入荷では、今週はVERA以外の入荷予定はありません。Fivicsからの荷物が到着予定ですが、在庫の補充の商品だけだと聞いています。
3月も宜しくお願い致します!!


EX-F1に次ぐデジカメは2013年に発売かも。

110224_161113.jpg

ソニー、高精細動画センサー開発 フルHDの16倍(日本経済新聞-本日夕刊)
-1770万画素画像を1秒あたり120コマ処理
弓具の性能・相性を検証するためのスローモーションを撮影するための業務用ハイスピードカメラは1千万前後もしますので、プロショップが購入できるようなものではありませんでしたが、2007年にソニーが開発したCMOSを搭載したEX-F1は10万円台で1200コマ/秒の撮影が出来るという驚異的なものでした。
それから4年。今日の日経新聞によると、ソニーがさらに高速の処理が出来るCMOSを開発したとの事。1770万画素を120コマ/秒で処理できるということは、1200コマ/秒での撮影でもSDハイビジョン(92万画素)画質以上の画質での撮影が理論上は可能になります。
バスの速度の問題やそんな速度でSDカード(!?)に書き込めるかは疑問ですが、前回もSONYでCMOSが開発されてから、2年後には搭載製品が市場に出ていますので、2013年にはEX-F1の10~20倍程度の性能を持った後続機種が発売されるのではないでしょうか。
いや~、1200コマ/秒でハイビジョンで撮影が出来れば、かなり面白いことが出来ると思います。
(↑今でもできますが、レンタルでも一日10万円以上はします…)
スーパースロー映像の撮り方。(CASIO EX-F1編)
http://jparchery.blog62.fc2.com/blog-entry-197.html


アメリカメーカーの新商品

himod.jpg

近年は、韓国やヨーロッパのメーカーが元気ですが、アメリカではSVL/HOYT/Doinkerがコラボして設立したFUSEがかなり元気で、DoinkerはさらにFUSEでのフィードバックを受けて、開発したAVANCEEが売れ行き好調のようです。Doinkerのロッドでこれだけ売れるのは久しぶりですね。ウェイトと評価が高いDoinkerのダンパーがついて、1万円を切る価格(センター)ですから、価格面でも韓国勢と戦えるレベルになってるかなと思います。
2011年のDoinkerの新しいスタビライザーは「プラチナム Hi-Mod スタビライザー」というものです。AVANCEEの次世代モデルかと思っていましたが…素晴らしい剛性を誇るのでしょうが、ロッドはAVANCEEより約18%も太くなり、さらに、27インチで重さは360g(カタログ値、ウェイトを含む)となり…取り扱いは見送りました。人気のAVANCEEは軽量ロッドとして2011年も継続して生産されます。
neet095.jpg

NEETも新しいクイーバーを発表しています。ND-250というものですが、かなりNEETらしくないデザインになっています。NEETのマーク「<>」が全面にプリントされています。写真では分かり辛いですが、収納もたっぷりです。ただ、あちぇ屋はNEETの代理店ではないので、現在、取り扱い代理店を探しているところです。入荷次第販売を開始予定です(←4月頃の入荷予定です)。おそらく、5,000~6,000円になるのかなという感じです。


アジア・グランプリ後はみなさんから連絡が

本日、一気にいろいろとメーカーから連絡が来ました。たぶん、みなさんバンコクのアジア・グランプリに行ってたからだと思います。。Cartel(Doosung)のコンパウンドチームが団体で3位だったらしいのですが、Cartelがコンパウンドに参入するんでしょうか?
2011年には新しいリムやハンドルなどがたくさん発売されます。あちぇ屋ではお客様から注文が入ってから買い付けを行うことのではなく(ケースやX10プロツアーなどの一部商品を除く)、自分たちの判断のもとに自社で在庫を持つことで、販売価格を抑えています。ただ、在庫として持てる金額には限界があり、特に取り扱い商品数に関しては、在庫を持たないで注文を取り次ぐショップに比べて難しい事が多くあります。
WIN&WINの2011年については、新しく提供されるRCX-100リムの販売を決めました。かなり軽いリムに仕上がっているので、「軽く・速い」と評判の(一時は故障かも多かったけど)ロングセラーのWINEXリムの次世代モデルとしての位置づけになるのかなと思います。Mサイズの36-42ポンドが来週入荷します。
そのほかのサイズは3月の中旬から提供できるかと思いますが在庫するかはきめていません。同時にプロアクセントリムの取り扱いを終了します。
終了になるプロアクセントリムは3万円を切るの低価格フォームカーボンリムでしたが、RCX-100リムでは素材のグレードがかなり上がっており…つまり…仕入れ価格もかなり上がっていて、販売価格は2009年のN-Apecsリムと同じ程度になるのではないかと思います。
次に、FivicsからはF1ハンドルの開発が遅れているという連絡が来ました。元々は4月の販売開始という話でしたが、夏ごろまで伸びるとの事です。リムは予定通り開発が進んでいて、来月から出荷は出来そうですが、テストや販売はF1ハンドルの完成を待ってからにしたいと思います。
今週もFivicsに注文を出していますが、これにもSaker3はのらないそうです。もうしばらくお待ちください。
KAYAからはハンドルが完成したとの事。1-2週間で入荷します。ハンドルでRCX-100を販売するか、K7を販売するかはまだ迷っていますが、どちらかより魅力的な方に、1種類に絞る予定です。RCX-100の入荷は3週間後です。
SFのカタログは遅れているらしいですが、テスト用の新ハンドルはまもなく入荷の予定です。
MKのマッハL3リムはまだプロトタイプテスト中です。販売開始時期は未定との事。
3月に入ったらかなり忙しくなりそうです。


タイで行われているアジアグランプリで日本が女子団体で優勝!!

女子団体優勝おめでとうございます。
タイで行われているアジア・グランプリで日本女子チームが決勝で中国を1点差で破って優勝しました。
男子団体は準決勝でフランスに敗れ、三位決定戦でカザフスタンに勝ち三位でした。
詳細結果もFITAのホームページ(←試合結果のPDFに直リンクしています)にアップされました。
個人決勝戦の月曜日です。
試合の写真は大会主催側のページにも、FITAのページも、雑誌アーチェリーにも写真提供をしている写真家のDean Albergaのページにもまだアップされていませんでしたが、Vegas2011の写真は既にアップされていました。Vegas2011では日本から参戦された選手の皆様も写っています。
Dean Albergaさんのページ(携帯からのアクセスでは表示されないかもしれません)
http://dutchtarget.smugmug.com/


JPアーチェリー韓国研修3日目

RIMG0481.jpg

(フォーム分析)
アンニョハセヨ~
研修3日目です。
昨日はフォーム分析後ビギナーズボウでひたすらフォーム直しとリリース直しをしました。
本日は自分の弓で練習…がっ!!!!!!
重くて重くて…きつかったです。
新しいリムの素晴らしさを改めて実感しました。
本当にすごいです。リリースの抜けが最高です。
ただ、たまに速すぎてついていけなかったりしてます。
(以前の記事に書きましたが、12月にG3→INNO EX POWERに)
5Mほど離れ近射をずっとしてましたが本日は70Mをうちました。
距離になったとたんに引き戻しの連続……
怖いのと重心の位置が分からずパニック…
キム先生がおっしゃるには、近射も距離も同じパワーでうっているから同じ。
引き戻しは良くないとおっしゃってました。
距離になったとたん引き戻しをするのはメンタルに原因との事。
反省です…。
今日は練習内容について質問させていただきました。
Q.韓国選手の平均ポンド数
A.男性:44~46ポンド
 女性:42~44ポンド
Q.1日の練習時間の平均と本数
A.4~5時間ぐらい…
1回に射つ本数が24本程度で高校生では500射ぐらいが当たり前だそうです。
大学生や社会人は400射ぐらいだと…
すごい…っつ!!
Qグリップについて。
A.手の形や指の長さ・大きさが人それぞれ違う為
パテを盛る事で自分に見合った形にした方が良いとおっしゃってました。

RIMG0492.jpg

夜ご飯は焼肉です☆
パワー付けて明日もがんばります。
(追記:山口 研修費に食費が含まれているという説明は受けましたが、こんなに豪華なのか!!! おれなんて…夕飯は…ううう)


WIN&WIN WINEX 2011モデルは1つだけ変更

110218_170820.jpg

予告通り、WINのWINEXハンドルが入荷しました。入荷したのは既存色だけですが、ハンドルのデザインは新しくなっています。左が2010モデルで右が2011年モデル。デザインがシンプルになっています。新色のツートンは3月ごろの入荷予定。

110218_171420.jpg

(↑左から WINEX 2010 / WINEX 2011 / INNO CXT 2010-2011)
ハンドルはデザインの一部変更だけだと思っていたので、写真だけ新しくしようとチェックしたところ、リムボルトも新しくなっていました。CXTと同じタイプです。
110218_170419.jpg
110218_170217.jpg

よくメーカー間のハンドルとリムの相性ということが話題になりますが、これはWINEXのリムボルトの位置を一定にした時に、MKのリムとHOYTのリムをはめた時の違いです。上のMKのリムは上記の状態で問題なく使用できますが(ほぼフルまでポンドをあげた状態になります)、HOYTのリムはこの状態では使用できません。
110218_174112.jpg

リムはリムボルトに対して写真の2の位置で接触している事が必要であり、1の部分がリムボルトと接している状態で使用すると故障の原因となりますし、チューニングもあいません。ポンドの調節可能位置は2の状態から1の状態にならギリギリの締めこんだ位置(フルポンドの位置)から、4回転緩めた位置になります。

110218_171510.jpg
110218_171536.jpg

(↑どちらも右が2011モデルです)
そのほかにはデザインの方はW&Wマークの位置が、プランジャーホールからリムボルトの所に変わったことくらいでしょうか。


JPアーチェリー韓国研修1日目

P1020727.jpg
P1020756.jpg

(大宮店店長からの研修レポートです。)
今晩は~大宮店の村田です。
この度はご迷惑おかけしており申し訳ございません。
只今、韓国のKim Archery Training Centerに昨日から研修に来ています。
本日の天気は雪です。
とっても寒いです。
昨日は主に70Mの点取りをして傾向チェック。
うち方の癖やどんなグルーピングかデーター取りをしました。
本数はそんなに射たず終わりました。
研修2日目はキム先生が雪かきして下さり練習開始です。
昨日のデーターを参考に本日はカメラの前で70Mを射ち
フォームの徹底分析です。
1つ1つの動作を細かく分析しアドバイスをいただきました。
重心の位置からリリースの抜け方まで分析。
私は顔が上に上がり弦は鼻につかず最悪な状態でずっと悩んでます。
キム先生からビギナーズボウで徹底的に教えていただき体に覚えさせてます。
明日から自分の弓で練習です。
キム先生の教えはアーチェリーはバランススポーツだということ。
どんなスポーツも基本が必ずあるということ。
基本が出来れば点数を安定して伸ばすことができるとおっしゃってます。
こんな質問がでました。
野球でも右を見ながらボールを投げますか?
走る時も左を見ながら走りますか?
共通は前をみて動作をしますね。
アーチェリーも同じできちんと前を見て動作をすること。
韓国では15年前までは、ほとんどの選手がセンターアンカーだったそうです。
ですがここ最近はサイドアンカーが主流になってきているそうです。
理由は伸びやすくなり、しっかり矢スジが通るのでゆるみが無くなりバラつきが軽減できるそうです。
また、講習が始まってから言われ続けていること…
アーチェリーでもっとも重要なのは鼻に弦をつけること!
もっとも重要だとおっしゃってます。
続く…


2010広州アジアパラアーチェリー選手権 女子コンパウンドオープン決勝戦


昨年12月に行われた広州アジアパラアーチェリー選手権の女子コンパウンドオープン決勝戦の様子がFITAの動画配信ページにアップされました。
韓国のYu Sun Deok選手と日本の永野美穂選手との決勝戦です。男子の方もそろそろアップされるかと思います。