Stokerized 2011 SS1の正体は…

insideA.jpg

Stokerizedの社長さんがめでたく、アーチェリービジネス誌の「Inside Archery」の表紙を飾ったようで、メールをいただきました。おめでとうござます。この雑誌…購読してなくてすみません。。。
155971_462424882230_55941502230_6020161_8005739_n.jpg

SS1という2011年の新商品のフライヤーをいただきましたが、これでは、どういう商品か分からない…とにかく、HOTな商品みたいです。
FUSEのCarbon Bladeが代理店に到着したようですが、開封が間に合わないそうで、本日JPアーチェリー宛てに出る荷物には「2011年のカタログ5部」だけが乗るとかで、微妙すぎる。次回便は木曜日に出る予定ですので、Carbon Bladeの入荷は来週の月曜日あたりです。楽しみですが、オーダーリストを見ると、あの楕円形のドインカーのダンパーだけでも、販売しているようですので、こちらも単品でいろいろと使い方がありそうな気がします。
cxt_z.jpg

また、ウィンジャパンさんが、やはりウッドモデルとして日本側で独自にWINACTリムとハンドルを残す事を発表しました。ベストセラーのWINACTが日本のために販売がずっと続くのはいいことですが、ここまで来るとやめ時が難しそう。


BorderはRX用のリムを生産中。1/24-1/28まで不在です。

1月にアーチェリービジネス業界最大のイベントATA Trade ShowとNimesトーナメントが行われます。2009年はNimesに、2010年はATAに、ということで、来年はNimesの番で、1月24日~28日に休みをいただきます(帰国は31日の月曜日ですが、7時に羽田着なので、そのまま出社します)。
過去に2回も留守番をしてくれているベテランのスタッフがいますので、発送に問題は無いと思いますが、代理店に確認が必要な在庫にないポンドのリムの発注や在庫確認は出来ません。1月の4週目は取り寄せについての回答が出来ませんので、ご了承ください。
メジャーメーカーはATAとNimesの両方にいますが、Nimesにしかブースを出していないメーカー(仏SF/仏UUKHA/仏XtremCrest/伊スピギャ/西Flex Archery….など)とは2年ぶりですが…狭い業界なので顔ぶりはたぶん変わっていないはず。。。時間があれば、UUKHAの工場にもお邪魔する予定ですが、1年分のブログのネタを充電してきます。
WIN&WINの新商品の情報もいろいろと入ってきていますが、結局すべて決まるのはATAとNimes後で、生産が本格化するのは春節(2月3日)のあとです。正式に決まり次第またアップします。昨年の入荷は3月末でしたが、今年は新商品が少ないのと、春節(と国慶節は中国工場が完全に止まります)が去年より早いので、2月末~3月の初めには入荷できるのではないかと思います。

pic2.jpg

それと、以前のコメントでもいただきましたが、Borderアーチェリーから返信があり、HOYTのFormula RX用のリムの生産は既に始まっています。写真の通り、F3/F4のようにスタビライザー用の穴は空いていません。自分たちはボーダーの代理店ではありませんので、価格や納期等についての案内は出来ませんが、注文はBorderのDelaerであるWales archeryさんの方が受け付けているそうです。
興味ある方は問い合わせてみて下さい。…1ペアくらい取って大宮店においてみようかな~。


G3のM34ポンド2年間使用>>大宮店へ。

101208_195112.jpg

昨日は月一の大宮店へ。11月の業務について聞きましたが、スタッフ同士仲良く仕事できていれば安心です。それと、大宮店に近射が完成しました。自分の私物のプロマットを寄付して…。ぜひ、使ってあげて下さい。
12月は大宮店でクリスマスセールを行っています。詳細は店舗に問い合わせ下さい。
101208_201717.jpg

個人的なことですが、大宮店の店長が弓をCXT+EX POWERに新調するとのことで、2年間使用したG3リムのM34をどなたか欲しい方は???…詳細は大宮店の村田に。1万円で売りたいそうです~。現在交渉中とのこと。


RCX-100、WIN&WINが2011年の新商品を発表

6日、WIN&WINが新しい2011年商品を発表しました。来年も若干の修正はありつつも、INNO CXTがフラッグシップモデルとして、販売されますし、リムもINNO EXシリーズが継続して販売されます。
変更点はミドルラインのモデルで、いろいろあったものが2モデルに集約されるようです。とはいっても、2010年モデルでも在庫が余っているものは2011年のカタログにも載るかもしれません。


WIN Archery 2011


cxt_new.jpg

・INNO CXT
23インチモデルと27インチモデルが発売されます。ただし、右用だけという噂。また、新色のツートーンカラーが発売されます。写真はネイビー/ホワイト。。。
RCX-100.jpg
RCX-100limb.jpg

RCX-100 シリーズ
現、プロアクセントラインのリニューアル。ハンドルは新作の25インチの軽量(1,040g)オールカーボンハンドル。CXTより1万円くらい安い、50,000円前後の予定。性能はまだ未知数ですが、UX100にぴったりすぎると思う。色は黒だけです。
RCX-100リムは見る限りでは、現行のプロアクセントリムの改良モデルですが…今回正式に発表された商品の中では、一番未知ですので、これ以上はわからないとしか言えません。
armcarbon.jpg

カーボンアームガード
写真を見ての通りのカーボンアームガード。気になるのは価格ですね。
miniD.jpg

・ミニダンパー
ダンパー類ではミニダンパーというものが新発売に。これはすでに入荷しています(←ちょっとだけデザインが違ってました)。見た目以上にしっかりとしています。正式に発表されたので、明日から販売を開始します。
とこんな感じでしょうか。
【新作】
RCX-100ハンドル
RCX-100リム
CXTハンドル 23inch/27inch
【継続】
CXTハンドル 25inch
INNO EX POWER リム
INNO EX PRIME リム
WINEXハンドル
WINEXリム
【廃止】
WINACTハンドル
WINACTリム
TF Apecsハンドル
プロアクセントハンドル
プロアクセントリム
INNOハンドル 23inch/27inch
全体の傾向としては予想どおりですが、ウッドのリムがEX PRIMEだけになるとは考えられないので…日本語のカタログになった時点では、もう少し残ると思います。


いくつか入荷についてのお知らせ

12月になり、いろいろと終わらせなくてはいけないことがあり大慌てです。
まずは、新商品の入荷状況についての各方面からの返信
1.Titanの新しいサイトピンは一瞬で無くなりましたが、本日再入荷。間もなく、ショップにアップします。
2.リカーブ向けの唯一のEASTONの2011年の新商品、Carbon One(500番台)は1月の後半の入荷予定です。
3.FUSEのカーボンブレードは今週にメーカーから出荷されました。あちぇ屋への入荷は12月の15日あたりになると思われます。ただ、以前に書いたとおり高いです。センターでCXと同じくらいにしたいです。
4.FormulaRXとGMXのマット色(Blackout)は生産に入っているものの、現物の入荷にはまだ時間がかかりそうです。新色グリーンは既に入荷しています。
5.EX PRIMEの入荷が少し遅れています。12月の15日あたりの予定です。
6.Legendのバックパックケースは10個ほど販売しましたが、生産が追い付いていない状況のようです。しばらくの間、入荷が止まるかもしれません。
7.昨日の記事に書きましたが、UUKHAのEX1リム(カーボンコアリムのエントリークラス)がテスト入荷します。テスト入荷分2ペアに問題がなければ、12月中に販売を開始します。価格は3万円台前半です。
8.ドインカーのAVANCEEシリーズが大人気です。エクステンダーに3.125インチとシルバーバージョンを追加しました。ドインカーのスタビライザーが日本で人気になるのは久しぶりだと思います。来年は大手代理店のカタログにも乗るかもしれませんね(←するとうちも感謝されて、みんなハッピーなのですが)。ありがとうございます。
主要メーカーの新作はだいたい揃ってきました。WIN&WINはもう少し先です。入荷は2月~3月(中国の春節後の作って、代理店に納品して、それから届くとなるとそのくらいです)になるかなと思っています。あと、ドインカーも若干遅れての発表になります。←毎年そうです。
現在、手元に来ている情報はそのくらいです。
12月ですが、あちぇ屋では今日年と同じ代引き手数料10円キャンペーンを行います。入金の手間と入金手数料が若干節約できるかなと思います。


UUKHAのリムが世界選手権で優勝してた


(↑携帯電話からアクセスの場合はビデオは表示されません)
フランス語で言っていることは理解できませんが…UUKHAのビデオです(提供はフランスアーチェリー連盟)。
UX100リムのレビュー・テストでも書きましたが、引きやすさや安定性・コントロール性を重視する人には最高のリムです。ただ、そういった部分にフォーカスするために矢速はHOYTに比べて5年くらい遅れています。G3の世代くらいです。
フランスは、多くの競技種目に競技人口がおり、フルカーボンのUUKHAのリムは、インドア・フィールド・ベアポウの試合で多くの実績を残しています。
ビデオに選手は世界フィールド選手権のベアボウ部門で優勝したハンガリーの選手です。ベアボウは何よりも安定性が大事ですし、他にも実績のあるインドアもそうですね。リムの安定性が一番求められる部門でも確実に実績を残していますが、やっぱり、日本では速いリムが好まれますので、そんなリムも将来的には開発してほしいかなと。

ちなみに、News欄を見ると…なんとヨーロッパのWIN&WIN CUPに優勝したと…うんんん。ビデオの7:14あたりです。ってか、人数多いなぁ。
Ex1-800x335-fondblanc.jpg

今月中くらいには、下位のカーボンリムがテスト用に入って来る予定です。EX1は今週発売の出来立てホヤホヤのエントリー用カーボンリム。メーカーからの推奨販売価格は295ユーロ。3万円台前半で、また、UUKHAも当社が一次代理店ですので、価格に関係なく1年保証で行けると思いますが、とりあえず2本だけの入荷です。