この記事は2010年10月18日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

HOYT Horizonハンドル入荷

101018_190329.jpg
101018_190435.jpg

本日、HOYTからHorizonハンドルが届きました。仕上げの完成度はEclipseとほぼ同じ程度、エントリークラスのモデルとしては、可もなく不可もなくですが、1,070gと軽量で、かつ、センター調節機能が付いていますので、WINACTハンドルのあたりと戦えるハンドルだとは思います。
manual.jpg

また、以前に指摘した新しいセンター調節機構になっても、マニュアルすらついていないという問題ですが、今度はマニュアルが完成したようです。よかったよかった。。。当分、黒のみの取り扱い、本日より販売を開始します。21,800円。
それと、2011年も継続販売となったGMXハンドルは4,000円値下げしました。故障は極めて少ないハンドルですので、2011年もアルミハンドルとしては一番お勧めです。
これで、今年のHOYTは終わり…何ともさびしいですが、時期的な問題と、コンパウンドで一気にカーボンハンドルへの移行を進めていく関係で、リカーブ側はちょっと手薄になっているのでしょう。
コンパウンドとの兼ね合いですので、生産技術的な問題というよりも、マーケティング的な部分が問題になっているようですが、HOYTのリカーブ用のカーボンハンドルの出荷開始はもう少し後になりそうです。
次は12月~2011年1月に発表されるWIN&WINの2011年です。こちらも…INNO CXT&EXシリーズがあまりにも好評の為に、大きな変更にないと思われます。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。