この記事は2010年10月15日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

HOYT 2011年ラインナップ まとめ

66213_435753027734_179021367734_5757290_4845447_n.jpg

本日の深夜の3時ごろから、HOYTの2011年の新作発表会がありました。まぁ、2010年のカタログが出てから、期中にF2リムやFormula Excelハンドルなどが出たりと、本当に2011年はこれ以上出ないのか、なんとも言えませんが…とりあえずは。
2011年のメインはコンパウンドのカーボンハンドルでした。
写真はこちらで確認できます。
【コンパウンド】
・Carbon Matrix Plus
・Carbon Element
・Alpha Elite
・Vantage Elite Plus
・CRX
・RAMPAGE
・Ruckus
【ハンティング】
・Buffalo(FormulaRXの19インチモデル)
【リカープ】
・Horizonハンドル
   - ロングハンドル 25インチのみ
   - プラスチックグリップ(Formulaグリップも使えます)
   - アルミ切削
   - 新型センター調整システム
   - 1,070g
   - ペイントカラー4色(黒・赤・青・白)
   - HDS(ILF)規格 (990TX・Carbon550用)
・新色 Formula RX ハンドル
   - アルマイト ブライトグリーン & ブラックアウト 

以上です。
Horizon Intro Flyer
image003.jpg

リカーブは1本だけ、リムの発表はありませんでした。
廃番になるのは、以前にお知らせしたとおり、Eclipseハンドルです。変わりに出るHorizonハンドルは、Eclipseと同じ価格なので当店では21,800円です。入荷は来週の中頃を予定しています(初期入荷は黒のみ)。
2011年のHOYTはFormulaRXの普及に力を入れるようです。新作発表時には、ユーザーから「F3/F4リムの違いは」という質問の時に、韓国のトップチームでも、現在2名がFormulaRXハンドルを使用していることが発表されました。韓国選手でHOYTのハンドルを使用する人は前からいますが、HOYTリムを使用するトップ選手は5~6年は見ていない気がします。選手名までは発表されなかったので、続報を待ちます((…早川さんがプログで書いたりしないですかね(><) お願いします。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。