この記事は2010年9月29日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

FivicsのN-shockダンパー

Fivicsの御一行さんと3時間話し合い。お昼はジャパニーズラーメンを食べたいということで、みんなでラーメンに~
いつもは、日本語←→英語←→韓国語という流れで話をするのですが、今回は日本語←→韓国語でかなりスムーズに話ができました。
話した内容を一言でまとめると、2007年から、いろいろとアイデアがあり、高性能の商品を提供したいと言っていたFivicsですが、2010年に入って開発しているものは、慎重に納得できる品質になるのまで、試作を繰り返す。
よって、2011年にはダンパーやクイーバーなどの小物がいくつか新発売されるが、ラインナップに大きな変更はない予定。
販売店には、もうしばらく、定番商品のセーカータブとCEX2/CEX5で頑張ってもらって、2011年の後半に向けて開発を進め、革新的な製品を投入するとのこと。
焦ってもいいことないので、あちぇ屋としてはその意見に賛成しました。ほかにも取引先を回るのでどういう結果になるかわかりませんが、少しずつの前進が大事かと。また、国体の会場に顔を出すみたいです。見かけたら、話しかけてみてください。気さくな方です。

100929_180609.jpg

FivicsのN-Shockダンパー。かためのゴムという話をしていましたが、かなり要望に近いものになっています。サンプル品は大宮店においてきました。価格は1200円くらいになると思います。また、200万円分の商品が月曜日に大宮店に入荷するので、それでだいぶ在庫が豊富になる予定です。
MIRACLE Quiver

2011年のFivicsの新商品では、このクイーバーの取り扱い予定。
KAYAのVバーの在庫切れの35/40度は来週の入荷します。
明日も午前中は大宮店です。もう定期買いたい気分。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。