この記事は2010年3月20日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

初心者ハンドルについて

お客様からコメントがありましたので、返信を書いていたのですが、長くなってしまったので記事にまとめました。
ちなみに、友人の記事で知ったのですが、タイで行われた「ASIAN ARCHERY GRAND PRIX 2010」は、
男子団体
1位 インド
2位 イラン
3位 タイ(地元)
4位 日本

女子団体
1位 インド
2位 韓国
3位 カザフスタン

7位 日本

となった男女でインドが優勝した模様です。
(男子韓国/男子中国本土/女子中国本土は不参加)
-----–
いつも興味深く拝見しています。
もう少し詳しく教えていただけるとありがたいのですが、
>ウィンスターやミザール、アギュラなどがありますが、
>いずれもハンドルとしてとても評価に値するものではないので
具体的にどのような点が上級ハンドルに劣っているのでしょうか。
また、その性能差は点数にして何%ほどのダウンになるのでしょうか。
ご教授いただけえば幸いです。
-----------
>その性能差は点数にして何%ほどのダウンになるのでしょうか。
いずれもテストしましたが、何%ダウンではなく評価不可能という意味です。
加工後のバリをとらない状態で、さらに上に塗装をしたり
→検品でバリを取ってあげると傷のようになります。
センターブッシングがそもそもズレていたり
→センター調節が出来なくはないですが、
 とても初心者に教えてあげられるような簡単なやり方ではできません。
初心者用のハンドルであるのに全ラインナップの中で一番チューニングがむずかしかったり
→初心者のためのハンドルとはとても言えません。
 SAMICKウルトラのチューニングが時間を1とすると、
 SAMICKのミザールで同じ制度のチューニングを出すためには3~5程度の時間が必要です。
 
メーカーのレベルがその程度であれば良いのですが、
いずれのメーカーもトップモデルのハンドルでは世界トップの品質でので、
このような事態はあきらかに「手を抜いて適当に作って出荷」したからです。
このような商品は評価のしようがありません。
----------—
> 返信ありがとうございました。
>
> メーカーを擁護するわけではありませんが、
>
> >「手を抜いて適当に作って出荷」
>
> と、言いきってしまってはかわいそうな気もします。
> 「コストを重視し品質レベルを緩和して歩留まりをあげた」
> と、思いたいです。
>
> 質問の意図は、多少ブッシングやリムセンターがズレていても、
> 初級用としての許容範囲かどうかと言うことです。
> 調整の難しさや意匠外観の見てくれは重要視していません。
>
> ハンドル以外は全くの同一条件で、
> ウルトラとアギュラでどれくらい点数が違うか実験してみたいものですね。
-----—-
コメントありがとうございました。
> 「コストを重視し品質レベルを緩和して歩留まりをあげた」と、思いたいです。
私個人の意見ですので、客観的に絶対正しいとは思いませんが、初心者用=低価格という図式であれば、HOYTのように機能を省き(エクセルはセンター調節機能がありません)、シンプルな構造にし(リムポケットなし)、使用する材料を減らす(GMX比35%程度軽量)ことで、コストを下げるべきであり、「品質」は維持すべきです。その点ではホイットの最安ハンドルのエクセルは(18,800円)は模範となる作り方だと考えています。
> 質問の意図は、多少ブッシングやリムセンターがズレていても、
> 初級用としての許容範囲かどうかと言うことです。
> 調整の難しさや意匠外観の見てくれは重要視していません。
こちらもまた個人的な考えですが、指導者として多くの初心者を教えてきましたが、初心者用として”おもちゃ”的な使い方であれば十分だとは思いますが、多くの初心者はより高いレベルを目指しています。
そうなった時、1100~1200点程度で上位機種への乗り換えが必要になってきますが、グリップの形状が全く異なる(押し方の再習得)、チューニングの仕方が全く異なる(これも再習得)などでは、上位モデルに移行すること自体がリスクになってしまいます。望ましいことではありません。こちらもHOYT(なんかセールスっぽいなってしまいますが…)のエクセルハンドルでは、グリップは上位と同じ形で、かつ、チューニングの仕方も同じです。
> ハンドル以外は全くの同一条件で、
> ウルトラとアギュラでどれくらい点数が違うか実験してみたいものですね。
以前のコメントでSEされていたとおっしゃっていたと思いますが、PHPとCを比べるようなものだと思います。上位機種は点数を出すことを目的に作られるべきですが、初心者用のハンドルはそこから性能とコストを落としての引き算の設計をされるべきではありません。
初心者用のハンドルとして、点数ではなく、チューニングのしやすさ、ハンドルの軽さ、操作しやすいグリップなど、上位機種からの引き算ではなく、まったく別のアーキテクトで設計されるべきだと思います。初心者にとって必要な性能とトップアーチゃーにとって必要な性能は異なります。
そのような設計をするメーカーはなかなかありませんが、主要メーカーの現行商品をテストした上で、現在、当店では、HOYTのエクセルハンドルのみ販売をしています。
もちろん、いろいろな考えがあります。自分の考えが絶対的に正しいとは思いません。
しかし、このブログをはじめて3番目の記事で書きましたが、各社出ている初心者ハンドルをそれぞれ評価したうえで、当社とは別の観点からそれら(ウィンスターやアギュラ・ミザール)を初心者用ハンドルとして高く評価して販売しているのであれば、何も言うことはありませんが、”プロ”ショップと呼ばれる店で「大手のカタログに初心者用として載っているから売っている」という現状は…いかがなものかと思っています。
道具のプロとして、自分の店で何を売るかは一番大事なことだと思います。現状、売りたくても仕入れルートがわからない商品は、Jagar ArcheryのCustum Gripくらいですので、在庫して売っていない商品=評価していない商品ですね…。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

6 thoughts on “初心者ハンドルについて

  1. かなり古い記事からの引用ですみません。
    初心者用ハンドルについて質問なのですが、

    〉初心者用のハンドルとして、点数ではなく、チューニングのしやすさ、ハンドルの軽さ、操作しやすいグリップなど、上位機種からの引き算ではなく、まったく別のアーキテクトで設計されるべきだと思います。初心者にとって必要な性能とトップアーチゃーにとって必要な性能は異なります。
    〉そのような設計をするメーカーはなかなかありませんが、主要メーカーの現行商品をテストした上で、現在、当店では、HOYTのエクセルハンドルのみ販売をしています。

    と、記事ではすごくエクセルハンドルを評価されていたのですが今現在は「JPアーチェリー」さんのHPでは在庫しての販売の取り扱いがありません。ただ単に売れないから在庫してないのか、評価が変わって在庫して売る程の製品ではなくなった(在庫して売っていない商品=評価していない商品)のか、どうなんでしょうか。
    それと、センター調整を省くことで価格と重さを追求していると思いますが、調整が無くてもどの程度競技で使用出来るレベルの商品なのでしょうか。(例えば30mで○○○点ぐらい出せるレベルとか)
    他にセンターブッシングの精度なども気になりますが。
    いろんな面を気にするのなら多少重くても「ホライゾン」を選択するべきでしょうか。重さがほぼ900gというのが「エクセル」の武器だと思っているのですが。

  2. >と、記事ではすごくエクセルハンドルを評価されていたのですが今現在は「JPアーチェリー」さんのHPでは在庫しての販売の取り扱いがありません。ただ単に売れないから在庫してないのか、評価が変わって在庫して売る程の製品ではなくなった(在庫して売っていない商品=評価していない商品)のか、どうなんでしょうか。

    現在の評価としては「性能の割に高い」と考えています。

    5年以上前の記事ですので、当時の状況を完全には思い出せませんが、SFアーチェリーの商品ラインナップはまだ充実しておらず、ウィンは高く、サミックが諸問題によって出荷がされないという時期だったかと思います。現在では、SFアーチェリーの商品ラインナップが充実し、エクセルが優位性を持つ場面はほぼないと考えています。

    >それと、センター調整を省くことで価格と重さを追求していると思いますが、調整が無くてもどの程度競技で使用出来るレベルの商品なのでしょうか。(例えば30mで○○○点ぐらい出せるレベルとか)

    調整ができないのでリムとの相性が良ければよいし、悪いとあきらめるしかないです。
    良いとすれば、30mで300点程度までは問題ないと思います。

    >他にセンターブッシングの精度なども気になりますが。

    今まで10本以上は販売したと思いますが、ブッシングのトラブルは起きていません。

    >いろんな面を気にするのなら多少重くても「ホライゾン」を選択するべきでしょうか。重さがほぼ900gというのが「エクセル」の武器だと思っているのですが。

    エクセルの23インチが997gで、SFのフォージドが1020gで23g差です。大きな差ではないので、迷われている方にはフォージドをお勧めします。
    ホイットにこだわるのであれば、ホライゾンですね。

  3. 〉エクセルの23インチが997gで、SFのフォージドが1020gで23g差です。大きな差ではないので、迷われている方にはフォージドをお勧めします。
    〉ホイットにこだわるのであれば、ホライゾンですね。

    すみません対象は小学生で、エクセル21インチ907gの検討・評価です。他には21インチでのモデルがないので、23インチなら選択肢は出てくるのですが大きく重い事がネックです。

    〉エクセルが優位性を持つ場面はほぼないと考えています。

    身長に対し適切な長さで軽いが評価が低い(性能の割りに価格が高い)エクセル21インチか、身長に対し長すぎるし重い(100g以上?)が選択肢が多い23インチの中で評価の高いハンドル(フォージドなど)を選択するかなのでしょうが。

  4. 21インチでしたか。早とちりしました。21インチでは現在オンラインショップにはアップされていませんが、AXIOM+の21インチを取扱いしています。960gです。

    >身長に対し適切な長さで軽いが評価が低い(性能の割りに価格が高い)エクセル21インチか、身長に対し長すぎるし重い(100g以上?)が選択肢が多い23インチの中で評価の高いハンドル(フォージドなど)を選択するかなのでしょうが。

    そんなことはないです。多くの選択肢があります。さらに短いILFハンドルもありますが需要がないので紹介していないだけです。相談していただけれはお答えします。

  5. 〉AXIOM+の21インチを取扱いしています。960gです。

    21インチでそこそこ競技に使えるレベルのものを探しています。このAXION+の価格がわかりませが、どういう点を評価されていますか?(エクセルとの比較では少なくとも重さは約50g重いようですが)その分センター調整が出来たり、製品としての精度が高かったりするのでしょうか?希望としては出来るだけ軽く、ユニバーサルモデルのリムが使えるものが良いのですが。
    ちなみにこのAXION+は取り寄せとなるのでしょうが納期はどれくらいかかりますか。

  6. >21インチでそこそこ競技に使えるレベルのものを探しています。このAXION+の価格がわかりませが、どういう点を評価されていますか?

    http://archery.cart.fc2.com/ca40/1052/p-r-s/

    AXIOM+は2011年あたりから取り扱ってきたモデルです。現在販売しているのは3代目です。16800円で、プランジャーとレストが付属します。

    >その分センター調整が出来たり、製品としての精度が高かったりするのでしょうか?

    センター調整できます。精度はホイットのものは大きく変わりはないかと思いますが塗装のレベルはエクセルよりも良いです。

    >ちなみにこのAXION+は取り寄せとなるのでしょうが納期はどれくらいかかりますか。

    21インチは右であれば在庫しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。