この記事は2010年2月15日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

アメリカ勢の新商品が入荷しました。

アメリカでの大雪も落ち着いたようですね。本日、アメリカ勢から新商品の入荷がありました。ATAでHOYTのEclipseハンドルの2010年モデルの塗装を確認して、昔から指摘されている「安っぽさ」が改良されたようです。今回、入荷したものを確認しても、塗装はしっかりとしており、価格相当の商品になったと思います。

P1030447.jpg

Eclipseハンドルは何本かチューニングしてきましたが、やはり、実質で40~42ポンド程度になると、スタビライザーのダンパーなどで調整しないと、発射時の衝撃をハンドルで吸収できず、うつ度にネジが緩んだりシますので、42ポンド以上での使用はおすすめできません。ハンドルはマグネシウムを使用していることもあり、25インチでも1,190g(カタログ値)と軽いです。価格をみてもエントリークラスのモデルとしてはよいと思いますが、しかし、ヘリックスが廃盤になった現在、ブリッジモデルの上位ハンドルが存在しないので、この独特なバランスに慣れてしまうと、HOYT・W&W・SAMICKの上位モデルに移行する時には困難が伴うかもしれません。(サイドを12インチにしてウェイトをたくさん付けるなどの工夫が必要です)
価格は21,800円。当分は黒の右のみ。同じ価格で異サイズ・カラーは取り寄せでの対応とさせていただきます。
e10flbk.jpg
e10po.jpg

あとはEASTONのギアウォレットが意外に評価が良かったので、同じ小物類でフリースポロシャツポーチを入荷しましたのと、ARIZONAの2液混合タイプのエポキシ接着剤を入れました(間違えないと思いますが羽用の接着剤ではありません)。
本日はそんな感じです。あと、スタッフとの連絡違いでWINACTの2009年モデル(ポンド調節とセンター調節が同じボルト)の23インチモデルの赤/銀を入荷してしまいました。欲しい方がいれば安くお譲りします。明日にはショップにアップ予定ですが。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、現在はベアボウにも挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。