東京室内選手権ブース準備

今週末の東京都室内選手権にブースを出します。
いろいろと特別価格で販売いたします。また、ネットショップでは販売していない限定品もございます
ぜひ、出場される方はお立ち寄りください。
HOYTのパーカーとか、EASTONのポロシャツとか

P1030313.jpg
P1030318.jpg
P1030322.jpg
P1030316.jpg

昨年はブースを出している週末はネットショップでの販売を止めていましたが、今年は在庫数が少ない商品は販売しない、かつ、売上をほぼリアルタイムで更新する事で、ネットショップは今週末も営業します。
P1010651.jpg

会場にはSOMAの社長さん(右)が来る予定なので、(日本語は使えませんが)何か商品等で要望がある方は捕まえて話してみてくださいw 自分は日曜日に陣中見舞いに行きます。綾瀬の東京武道館でブースは初めてです。うまく行って欲しいですね。


CEX5の販売再開は来週の月曜日の午後の予定です。

SOMAと連絡をして至急送ってもらうようお願いしました。来週の月曜日に新しい商品が韓国を出る予定です。
販売中止の原因となったウェイトとダンパーは在庫・新規入荷ロッド数に対して倍の数を注文したので当分は大丈夫だと思います。
新しくCEX5サイドロッドの10インチが入荷します。エクステンダーの4インチと5インチも補充されます。
ついでにSOMAのアッパーの黒・赤も入荷予定です。
年内に販売開始が出来る見込みが立って良かったです。来週、月曜日に荷物が韓国を出たことを確認し次第、販売を再開します。韓国からの航空便ですので、早ければ火曜日の午後、遅くとも水曜日の午前には入荷します。
ちなみに代引き手数料10円サービスは来週の木曜日まで、年内出荷は来週の金曜日までです。よろしくお願い致します。


CEX5センターロッドとサイドロッドの一時販売中止

大変申し訳御座いませんが、CEX5スタビライザーのセンターとサイドロッドの販売を一時中止いたします。
予想を遥かに上回る売れ行きだったために、ロッド自体はまだ少し在庫があるのですが、付属の専用ウェイトとダンパーの在庫がなくなってしまいました。CEX5用に開発された専用のウェイトとダンパーが再入荷次第販売を開始させていただきます。現在、年内の再入荷に向けて交渉中です。今しばらくお待ち下さい。
エクステンダーの販売は継続します。でも、在庫は6インチのみです…。
売れすぎてびっくりしています。サイドロッドは20本も入荷したのですが…すぐに新しい商品を送ってもらえるように交渉中です。本当にすみません。


世界新1386点のOH,Jin-Hyekの使っている…

年末年始の営業予定のお知らせはもうショップに掲示しましたが、もう少し詳しく書くと、取り寄せと問い合わせ業務は22日までです(その後メインのスタッフが年始の中日インドアの代休を2日間取るために昨年よりも早く終了です)。25日までの注文分は年内に発送されます。それ以降の商品の発送は1月5日。また、22日以降は必ずinfo@にメールをお願いします。スタッフ名@のメールアドレスだと確認が年始になる場合があります。よろしくお願い致します。
それと、世界新を3つ、しかも、世界選手権という舞台で出したOH,Jin-Hyek(オ・ジュンヒク)選手のスーパースローがYoutubeにアップされていました。


*(Youtube)携帯電話からは見られないかと思います。
以下、確認した道具です。
当然ですが、トップ選手と同じ道具を使えば、同じ点が出るというわけではありません。あくまでも、アーチェリーネタとしてお楽しみください
・HOYT GMXハンドル
MK KOREA VERAリム
KAYA Soulスタビライザー(未流通品)
・WIN&WIN カーボンVバー
・キャバリアエリートタブ
 (タブ革は改造なしのノーマル品、フィンガースペーサーのみSOMAのオリジナルカンタピンチ)
・SHIBUYA デュアルクリックCカーボンサイト
・ドインカー チュビーアッパー(ウェイトx3)
・バイター プランジャー
・グリップテープ使用
*エクステンダーは6インチ、サイドは12インチでウェイト2つずつのダンパーなし、センターはドインカータンパーAボムダンパーの先端にウェイト3つ。
ノーマルのスピードで見るとこんな感じです。1人目です。プラクティスにて。


いろいろと入荷します。まずはCEX5スタビライザーです。

本日はスタッフが休日にインドアにブースを出すための代休。土日の代わりに、今日明日の2日間の代休です。ひとりで朝から仕事をしていますが、忙しすぎて…
たまってた注文がいろいろと一気に入荷します。在庫切れが長かったもので言えば、SOMAのV-ZEROダンパーやライトウェイト、WIN&WINのパーフェクトタブのMサイズとINNO POWERリム、SAMICKのいくつかのサイズのEXTREMEリム、HOYTのアパレル類(インドアブース用)、EASTONのACEブレークオフポイント60~80グレインなどなど。時間の都合で在庫にはまだアップしていません。
先程本日入荷したSOMAのCEX5をアップしました。同時にSOMAのアッパーロッドの青が入荷しています。他の色はメーカー在庫がないそうです。Sakerタブ関連のパーツはすべて在庫があり、すべて補充できました。価格に関しては、SOMAのVバーの価格を見直しました。600円値下げしました。
CEX5ですが、CEX2が重さと剛性のバランスを考えて開発されたのに対して、CEX5は剛性にフォーカスをおいて開発されたモデルです。Vバーシステム全体で性能が最適化されるようウェイトもダンパーもCEX5専用のものが付属します(トータル性能は上がりますが、FormulaRX同様アーチェリーショップとしては売りにくい…)。
まず、注意点です。
CEX5用のダンパーはCEX5のトップウェイトとのセットでしか使用できません。ご注意下さい。いろいろと試しましたが、特にカーテル系やSOMAのライトウェイトは全く装着できません(ダンパー側のネジが長すぎるため)。
・CEX5のエクステンダーは口径が大きいため、SOMAのライトVバーとのセットでは使用できません。メーカーもVバーMANタイプとのセットでの使用を勧めています。
149_2s_17.jpg
この2点には注意してください。

P1030328.jpg

さて、CEX5センタースタビライザーは3種類のデザインがあります。サイドとエクステンダーは黒のみです。ロットは剛性にフォーカスして開発されているために、重さはCEX5よりも同じサイズで10g程度重いです。
商品の方は
・センターにはウェイトが2個付属します。
・サイドロッドにはダンパー1つとウェイトが1個付属します。
ので、別途購入する必要はありません。
CEX5はこんな感じです。全体として専用部品が多いので売りにくいですが、硬さとデザインはかなり良いのではないかと思います。女性向けではないですね。40ポンド以上の弓を使用している男性におすすめです。重いロッドが好きではない方は、エクステンダーだけでも試してみてください。


Bohning Archeryの定番ワックスが!!

年末に向けて在庫を膨らませているのですが、Bohningのあのシールタイトワックスのパッケージがなんと!!

091209_133228.jpg

アーチェリーをやっていれば必ず見るこの弦ワックス(そして、たいていは買わずにその場でだれか持っている人のを借りて使う…)。高校の時のコーチの方から20年物のシールタイト弦ワックスを借りたとことがあるのですが、今と同じデザインでした。だとすると、20~30年ぶりのモデルチャンジでしょうか。変わらないものはないんですね。
ということで、当面は今までのデザインのものの在庫があるので、2月ごろの発送から、この緑になるのではないかと思います。性能的に全く同じものですので、新しいデザイン指定での購入などは控えていただけたらと思います…。


WINACTハンドルとWINDSORハンドル

家に戻り、夕飯を食べて、SAMICKの新しいリムなどについてメールをしていたら(やはり1~2月の入荷になるようです)、ひとつ前のブログの記事のコメントで「ハンドルの名称が違います」と書かれていてあせりました。
どこで間違えてしまったのか調べてみましたが…結論。どうやら、メーカー(WIN&WIN ARCHERY)側が販売しているWINACTをウィン・ジャパンではWINDSORと名付けているようです。
↓メーカー発行のWIN&WIN 2009カタログ

winacts2.jpg

↓ウィン・ジャパン発行の日本語カタログ
winactsdd.jpg

メーカーのカタログではWINACTハンドルに2サイズにあります。対して、ウィン・ジャパンでは25インチのものにWINSDORという名前を付けていますが…。
日本はちょっと特別な市場ですので中身は同じものでも、SAMICKは日本向けにプリントを変えたリム(ex.ミザールカーボン=ユニバーサルカーボン)を作成しています。しかし、確認した限りではWIN&WINのWINACTとWINDOSRはただ名前を変えてみただけだと思われます。
念のため、商品にはWINDSORという表記も付けました。日本側のカタログまで気が回らずお騒がせいたしました。


年末は代引き手数料を10円にします。

さらにいろいろとコメントをありがとうございます。当店の事をお客様がこんなにも考えていただいていることに本当に感謝しています。
年末は本日から12月24日まで代引き手数料を10円とさせていただきます。多くのケースで銀行/郵便局からの振り込み手数よりも安いと思いますので、ぜひ、ご利用ください。
コメント/メールでは電話対応や店舗開設などの意見もいただきました。ただ現状、アーチェリー業界は人材の流動性が極めて低く、新しいサービスを提供するために新しいスタッフを採用することは容易ではありません。費用以前の問題として人がいないのが現状です。そのためにポイント制などのシステム上でのサービス改善を計画しています。
お客様からの要求度として高いのは土曜日のメール対応やシャフトカットサービスなどだと感じていますが、新規にが必要になるサービスの開始は経営判断でできるものではなく、次第です。新しく人が採用できれば、いつでも開始したいと思っています。
業界の事を考えているといって、利益のことばかり話す人がいますが(商品は高く売ることが業界に良いらしい…)、問題は人ではないでしょうか。どんな業界でも長期的には人材が一番の元気の根源だと思うのですが、業界関係者はむしろ参入障壁を上げることに力を入れている気がしてなりません。この業界に大資本が参入する恐れはほとんどないので、参入障壁はやる気のある個人をつぶすためのものが主です。
今いる人だけでやることは明日の利益にはつながりますが、30年後はどうなるのでしょう…
(じゃ、お前らで育てろよという話になるかと思いますが、いろいろと模索しながら、現在頑張って育てている段階です)

P1030325.jpg
P1030326.jpg

また、新型のWIN&WINのWINACTを入荷しました。以前からこのモデルはなかなかいいと思い後輩にお勧めしていたのですが、チューニングがめんどくさいのが難点でした。その点が改善されたことはとてもいいですね。これで現在市場に出回っているモデルはほぼすべてセンターショットとポンド調整が別々にできるタイプになりましたね。あ、こちらの価格は29,500円です。


年末年始とCEX5の入荷が決定しました。

前回のポイント制導入などについての提案を書いた記事へコメントの返信をしました。たくさんの意見ありがとうございました。
9月に韓国にに行ったときには後1カ月以内といわれていたCEX5ですが、やっと入荷が決定しました。今週末から来週月曜日の入荷を予定しています。年内に入荷できてホッとしました。インドアのブースにも間に合いそうです。
また、HOYTやSAMICKのハンドル・リム類は次回の入荷で今年は終わりです。その次の入荷は2010年の1月中旬/1カ月後の予定ですので、急ぎの方はメールで予約していただけば確実です。
去年は1月の中旬には多くの商品で在庫が切れてしまい、お客様にかなり迷惑をかけてしまったので、在庫をできるだけ積み増して年末年始に備えます。1月は前半にアメリカで大きなトレードショーがあり、後半にフランスで大きなトレードショーで各メーカーの国際営業担当が会社にいなくて、商品が動かなくなってしまうのです。今年は無事に乗り切れるよう頑張ります。
また、年末は12月25日までの営業です。年始は1月5日からの営業です。冬休みの間の注文は基本的に5日~7日の発送となってしまいます。当店が委託している佐川急便さんの運送サービス自体が休みに入るので急ぎでも発送はできません。年始に日にち指定発送の場合は7日以降の日で指定してください。詳細はまたショップの方のお知らせにアップします。よろしくお願いいたします。


業界について誤解のないように具体的に

コメントを見ながら、今後の動きを考えていたのですが…少し、誤解をされている方がいらっしゃるようですので、具体的に書いてみます。
>>雇用主としての責任を全うするためにも、なかなか書きづらくなってきました。
>>現在ではある程度業界内に組み込まれてしまった部分もありますので、書きたくてもかけないこともあります。
という前の記事に対して
> 魂を売り渡したプロショップたちの事情が少しは分かったのでは?
というコメントをいただきました。元の記事はこんなのです。
魂を売り渡したプロショップたち
http://jparchery.blog62.fc2.com/blog-entry-275.html

まとめると、実物販売ならともかく、在庫スペースなどの関係で、商品の全サイズ/全種類を在庫しているアーチェリーショップはほとんどありません。カタログでの商売です。カタログで商売するのであれば、その”魂”ともいえるカタログを自分で作らずして、他人が作ったものをそのままコピーしてアップしたり、そのまま使うのはあまりにもお粗末ではないかという話です。
当店は今でもウェブのショップを中心に仕事をしています。当然、カタログは自分たちで作成して、自分たちの言葉、自分たちで写真を撮ってショップにアップし、自分たちで価格を決めています。
“魂”は売り渡していませんし、そのつもりも毛頭ありません。前の記事で、
>>雇用主としての責任を全うするためにも、なかなか書きづらくなってきました。
>>現在ではある程度業界内に組み込まれてしまった部分もありますので、書きたくてもかけないこともあります。
と書いたの、情報に関しての部分です。
たとえば、簡単な例がPSEです。PSEのハンドルについて、前の記事で海外のアーチェリーフォーラムの情報を紹介して、こんな新しいハンドルが出るみたいですよと紹介しました。
それができたのは、PSEと全く関係がなく、まったく取引もないからです。
しかし、たとえば、来年のHOYTのラインナップ。以前はPSEと同じ事が出来ました。しかし、現在はHOYTのハンドルを何種類も販売しています。そうすると一般向けより早く情報が手に入ってきます。プロ向けのリリースです。しかし、逆にそういう情報は書けないのです。
あいまいに知っているから書けたこと、逆に確実に知ってしまうと書けなくなってしまうのです。その部分で、今年はPSEだけ。HOYTもSAMICKもWIN&WINもブログで紹介するタイミングはメーカーに合わせています。フライングはできません。EASTONもACGについて9月の後半で情報はありましたが、ブログでの紹介は11月のEASTONのカタログ発表後になりました。
残念なことも多いですが、その部分では仕方ないと思っています。
> 魂を売り渡したプロショップたちの事情が少しは分かったのでは?
ということですので、自分が今まで批判してきた、閉鎖性(若者が入っていけない)、ぼったくり(かなり改善されました)、楽して転売するだけ(価格すら自分でつけられない)などの点がわかってきて、あちぇ屋もそうするしかなくなってきているという意味ではありません。
あくまでも、ブログでお客様向けに書ける内容が、多くのメーカーから、海外・国内代理店から情報がどんどん入ってくる状態であるがゆえに、少なくなってしまっているということを説明したかったのです。ご理解ください。