この記事は2009年10月16日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

HOYT ARCHERY 2010が発表されました。

HOYTの新作発表会(ディーラー向けではなく一般ユーザー向けなので公開します)は大混乱でしたが、無事、カタログをダウンロードできました。
HOYTのページからもダウンロードできますが、ミラーとしてあちぇ屋のページにもアップしておきます。
HOYT 2010 カタログ
http://archery-shop.jp/2010HoytCatalog.pdf

PDFファイルなので携帯からはアクセスできません。
詳しくは皆さまで見ていただくとして、ポイントをまとめますと、
・FORMULA RX という1188gの新しい軽量ハンドルの登場
・F4/F3リムの登場
・評判の悪かった900CXは廃番
・HELIXハンドルは廃番

・NEXUS(ネクサス)のショートハンドルも廃番
です。

rx.jpg

また、ネット上では公開前から
「ホイットからカーボンハンドルが発売される」
「カーボンのマトリックスが発売される」

という驚きのうわさがありましたが、こちらは2010年はコンパウンドハンドルとして発売されるようです。こちらでノウハウを蓄積し、2012年ごろにはリカーブ用のハンドルとして再発売されるかもしれませんね。
cm.jpg

こちらがカーボンのマトリックスです。なかなか奇抜なデザイン。新しい素材を使用することでデザインの幅は大きく広がっているのでしょうか。
さて、すべての入荷は12月の中旬~1月の後半の予定です。また、あちぇ屋で常時在庫品としてFormula RXを販売する可能性はありますが、それ以外は…HOYTの代理店向けの新作リリースは9月の後半にはされていますので(ただし、16日にHOYTがダイレクトに顧客にリリースするまで待てと言われる)、詳細は近くにアーチェリーショップに問い合わせ下さい。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。