この記事は2009年9月7日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

二つの世界記録と新興メーカー

横でスタッフの方が発送作業をしていますが、自分はすこしだけブログの記事をアップして、ちょっと寝ます…

P1030149.jpg

Ulsan(ウルサン、プサンからタクシーで1時間くらい)の45thアーチェリー世界選手権大会に行ってきました。
左から、山口と海外担当のSさん、社員のTさん、会計・事務担当のYさんの4人組。
目的は新興のアーチェリーメーカーとの商談だったのですが、目の前で韓国のOH Jin Hyek選手が世界新記録の90mの世界新記録342点とシングルの世界記録を7点塗り替えての1386点(342-345-341-358)を、SAMICK系のMK KOREAのVERAリムでマークしました。
MK KOREA – 2007年設立の新しいリムメーカー。元SAMICKの方が社長。HPはまだなし。
1386点という驚異的な点数はもちろんOH選手の素晴らしい才能と努力によるものなのでしょうが、新興の小さなリムメーカーのMK KOREAが少なくとも大手メーカー並みの技術を持っている事は確認できたのではないでしょうか。
VERAリムは現在は量産体制に入っているとの事です。大量生産モデルの品質に期待ですね。引いた感じはSAMICKのマスターズリムに似ています。
P1030126.jpg

ウッドコアのリムです。構造もマスターズっぽい。
P1030124.jpg

引いてみた。
MK KOREAはHPを持っていないので、カタログを後日アップします。あちぇ屋で扱うかはまだわかりませんが、リムのさらなる進化に期待しましょう。
KAYA ARCHERYさんとも話をしてきましたが、2011年の販売開始を目指して、まだいろいろといじっているようです。すべてが開発途中だったので(現在ウッドボウを販売しています)具体的な話はできませんでした。
最後に、SAMICKとタオルとFIVICSのキャップと大会の記念シャツをプレゼント用に持ってきました。希望者が多い場合は抽選となってしまいますが、詳細は後日アップします。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、現在はベアボウにも挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。