この記事は2009年8月28日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

Copper Johnのアリサイト入荷

今週はいろいろと入荷しました。今から写真を撮りながら少しずつアップしていきます。

ant2

こちらはCopper JohnのANTS PRO FITA サイトです。エクステンダーが11インチと長めです(アルティマは9インチ)。使いこなせれば、より精密にエイミングできます。
ant

マニュアルにあるようにアリ(Ant)がキャラクターのようですが…ANTSとはAlways Normal Target Sightの事です。
いつもノーマル…いつも普通??…いつでも正常という意味のノーマルだそうです。
アメリカ製だけあって、かなり堅牢な作りですが、動かすのには日本製のものよりも力が必要です。女性のアーチャーにはお勧めできませんね。
本来はサイトピンが付いていないのですが、届いてすぐ使用できるようにカーテルのサイトピンをつけました。
後は、いろいろとウェイトとバイターのアウトサートノックの追加ですね。。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “Copper Johnのアリサイト入荷

  1. SECRET: 0
    PASS: 2c7a5a6bfa4b5baee3b981b7803c3747
    羽根についてお尋ねします。
    あちぇ屋さんではスピンやカーリーと
    言った羽根を扱っておられますが、
    ゴム羽根との違いはなんですか?
    トップの選手ではゴム羽根ではなく
    スピンが多いので気になりました。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    トップに関していえば、オリンピック競技(70mのみ)での実績でプラ羽根(スピン・カーリー・Kスピン)は圧倒的に優れていて、メダリスト全員が使用しています。
    リカーブの現役のトップ選手でゴム羽根を使用している方はほぼゼロです。
    ただし、ゴム羽根は価格が安く(スピンの半分程度)、耐久性(壊れにくい)が高いので、初心者にはオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。