この記事は2009年8月14日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

新メーカー紹介 KAYA ARCHERY

おはようございます。今週は休みをもらっているのですが、リムの検品のやり方を教えていなかったために、朝から会社に来てリムの検品をしてました。。
ちょっとブログを更新。新しいアーチェリーメーカーの紹介です。

kayaarchery

KAYA ARCHERY
http://www.kayaarchery.com/
ハンドルは現在開発中だそうです。中国の経済参考報によれば、中国には122社(2003)も自動車メーカーがあるそうですが、アーチェリーのリムも誰でも作れる時代になったのでしょうか。
問題はどんなリムを作るかですね。
今年度中に一度Kaya Archeryさんと話をしてくる予定です。
ハンドル専業のメーカーはあまり聞きませんが、リム専業のメーカーは結構あります。リムの販売は故障による交換を考慮してもかなり利幅が大きいうまみのあるビジネスなんでしょうね。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。