この記事は2009年4月30日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

今と昔。あちぇ屋の存在意義について。

本日の午後に一度システムをとめて、入金先などを法人側に移行します。

それに伴い、あちぇ屋のポリシーを書き変えました。

かなり長時間煮詰めた文書ですが、へたくそですみません…

自分の現在の認識として、業界の体質改善が始まったことで、あちぇ屋の役割が終わったこと、今度はあちぇ屋が変わらなければいけないことを入れたらこんな感じになりました。

下にはあちぇ屋創設当初のポリシー(存在意義)を貼っておきます。前からアーチェリー業界にかかわってきましたが、この2年間で業界にさらに深入りしたことで変わった思いがあれば、変わらずむしろさらに深まった思いもあります。

いろいろな人間がいて、いろいろと思いがあるのでしょうが、あちぇ屋以前にはアーチェリー用品については雄弁でも、アーチェリー業界については沈黙する方が多かったように思います(ショップの悪口という意味ではなく、業界のあり方についてという意味で)。

お客様の意識が変われば、大手代理店だって変わります。お客様があってのアーチェリーショップです。これからもアーチェリー業界のあり方について、もっと多く語り考えていきましょうよ。

(引用)

*当店はネットショップです。高額なアーチェリー用品は適切にチューニングをされていないと性能を発揮できません。初心者の方には道具の知識が身につくまでは、通販ではなく店舗での購入することをお勧めします。
 長年日本のアーチェリー業界のぼったくり体質に対して批判してきましたが、一向に改善が見られなかったために、2007年よりうるさいアウトサイダーではなく、いちアーチェリー業者として内側から業界の体質改善を推し進めてきました。

 あちぇ屋は一貫してアーチェリー用品を適切な価格で販売することにより、お客様のご支持をいただき急成長を遂げました。

 同時に競合店も一部ではぼったくり体質を改め、2008年~2009年にかけて業界全体の価格は適切な価格まで低下してまいりました。

 当店でアーチェリー用品を安く販売することにより、業界に反省を即す意味ではあちぇ屋の役割が終わったと考えています。

 そこで、2009年4月9日をもちまして、あちぇ屋を株式会社JPアーチェリー(屋号をJPアーチェリー あちぇ屋)として、事業領域・ミッションを再定義し事業を再スタートすることとしました。

 1.更なる価格値下げのために、営業コストの見直し
 2.法人化による税効果を利用したコスト削減
 3.全商品をトラック便で発送することにより納期を短縮
 4.モバイルサイトから注文などの利便性の向上
 5.世界中のトップメーカーの商品の紹介

 価格ありきの安く売るアーチェリーショップではなく、固定費を削減し無駄をなくすことで、一流の商品をどこよりも安く販売できるアーチェリーショップを作っていきます。そのことにより、日本のアーチェリー元気にしていきたいと考えています。また、低価格で商品を提供し続けることで、日本のアーチェリー業界がぼったくり体質に逆戻りしないように見守っていきます。

 ネットショップにはできないことがたくさんあります。しかし、ネットショップだからこそできることもあるはずです。今後ともあちぇ屋をよろしくお願いいたします。

(旧 あちぇ屋の存在意義)

 アーチェリーをもっと広めるために道具の値段を安くしたい。その思いで新しいアーチェリーショッ
プをつくりました。価格を下げる方法のひとつがネットショップという形です。故障時に迅速な対応・
修理が必要なリム・ハンドルなどをネットで購入することはお勧めできません。何でもネットショッ
プで売ればいいとは思いません。

 リムやハンドルは適切なチューニングがなされていないと性能を発揮できません。そういったもの
は親切な店舗で相談しながら購入するべきでしょう。でも、アームガード・ウェイト・弦ワックス・
予備ノックはどうでしょう。安い店で買えば良いと思いませんか。当店ではネットショップであって
も十分にサービスを実施できる商品をどこよりも安く販売します。アクセサリー類に特化したネット
ショップです。チューニングやすり合わせが必要なハンドルやリムを販売することは顧客とメーカーの
双方にとってよい結果をもたらさないと思いますので当店では扱いません。

 日本のアーチェリー業界には競争を防ぐ仕組みがあり、それによってショップ間の価格競争が防止
され、世界的に見てあまりにも高い価格が維持されています。ハンドルやリムに関しては販売店同士の
過度な価格競争を防ぐことでサービスの品質を確保する意味合いもあるのでしょうが、ノックの価格
競争はあってしかるべきです。当店では商品を日本の業者を通さないで仕入れることによって価格を業
界団体の影響を受けることなく独自に設定しています。1月に立ち上げたばかりで商品ラインナップは
まだ決して豊富ではありませんが価格には自信があります。

 ネットショップにはできないことがたくさんあります。しかし、ネットショップだからこそできるこ
ともあるはずです。新しい私たちのショップにぜひ一度お越しになってください。
2年後にはあちぇ屋はどうなっているのでしょうか。不安でもあり、楽しみでもあります。

The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。