東京インドア分のHOYT Archeryのアパレルが入荷しました…

東京インドアで販売しようと注文したものの、荷物が届いたのは東京インドアの2週間後…来年こそは間に合わせて見せます。

HOYTアーチェリーのアパレルは追加生産しません。年初に作った分を売り切ったら以上です。ですので、追加入荷できるかは不明です。

宣伝文句抜きで欲しい方はお早めにです。


到着したアーチェリー用品はほぼアップしました。


戻ったら、なぜか机の上にゼブラのサインペンの同じモデルが3本も…なぜだ。

送料の計算方法が変更されていますのでご確認ください。

納期のより一層の短縮のため、全商品をトラック便にて配送させていただきます。北海道、九州、沖縄は翌々日、それ以外の地域は翌日着になります。それにあわせ、2,500円未満の注文は380円の送料をいただきます。

当店のベストセラーであるスピンウィングを2パックで(2,560円)買えば、送料無料で佐川急便でお届けします。

入荷した既存のアーチェリー用品はアップしました。新商品の写真撮りなどは金曜日までにはやります。

問い合わせの多かった、ディンキー、WINダンパー、カーテルアッパー、ボーニング・フレッチングテープなども入荷しています。

【入荷のあったメーカー】
・オーロラ
・レジェンド
・W&W Archery
・カーテル
・タイタン
・SVL
・SHOCQ
・KAP
・バイター
・AGF
・SOMA
・FRB(ボウスケール)
・BITZENBUR
・ドインカー
・HOYT
・ボーニング
・イーストン
・FLEX STRING
・アポジー

また、WIN&WINのTF Apecsのサンプルが届いていました。パソコンを買った時みたいに大量なグッズが付属してました。WIN&WINのマウスパットとか、A1サイズのポスターとか…

詳しい情報は落ち着いてからアップしますが、取り扱う予定はございません。勉強とデータ収集のためのテスト入荷のみです。ご了承ください。


豊かな社会とは? ちょっとした感想です。

ちょっとした話。アーチェリーに関係ない話。

アーチェリー関係だと、明日仕事の引き継ぎをします。業務は普通に行っていましたが、新商品のアップのやり方は教えてなかったので、新商品をアップする業務がたまっています。

以上です。ここから、ヨーロッパの話を少し。
今回はアーチェリーだけでなく、いくつかの目的があり、ヨーロッパに少し残っていました。そちらの目的もいい結果に終わって今回のヨーロッパ訪問は大成功です。あとは17時間飛行機にのるだけ…

ポルトガルのポルトという町(Oporto)。

人口23万人の港町。日本で言うと呉市や佐世保市とおなじくらいの人口です。産業ではポートワインなどが有名でしょうか。そんな小さな地方都市が信じられないほど豊かだったのが印象的でした。

線路には自然な感じで芝生が。

駅も緑化されていて、屋根は公園になっています。

ポルトガルはけっして高税率でもなく、国民負担(租税負担+社会保障負担)は日本より20%高いくらい。そのくらいの税金でこんなにも豊かな町づくりができるなら、喜んで払います。
試合の遠征などで日本の地方都市に行くことがありますが、中心部でも元気がないように感じます。この差はなんでしょうか。

ちなみに写真のメトロ(といっても大半は地上を走るのですが…)でいちばん大きな駅。それでもこの規模の本当に小さな町。

個人的な考えですが、市場原理だけで豊かな社会づくりはできません。ケインズの「穴を掘って埋め戻す公共事業」的な「無駄」は必要なのでしょう。

その「無駄」を合理的な目的を非効率的に達成することでねん出した国(必要な一つの橋を昼寝しながら20年もかけて作るとか)と、非合理的な目的を効率的に達成することでねん出した国(橋を昼夜休まず努力して3本も作るとか)の蓄積の差なのかなと感じました。

偶然、道で工事をしているところに出会いました。たぶん、水道管の工事だったと思いますが、道路は壊さずに解体し、全部番号をふって横に置いてありました。工事が終わったら、また元に戻すのでしょう。

実に非効率的であるし、仕事も夏は昼寝(シエスタ)をしながらして、定時には帰るのでしょうが、効率的に昼夜も休まずに「熊しか通らない道路」よりも社会を豊かにするのではないでしょうか。
豊かな社会とは何かについて、いろいろと学ぶことの多かった日々だったかな。

ヨーロッパアーチェリーショーの残り分をアップします。

写真の整理をしていたら、いくつかアップしていなかったものがありましたので、アップしておきます。

特に重要じゃないものばかりですが。

それと、前回の日記について。問題のショップの店長さんから「了解しました」という内容のとても短いメールをいただきました。
それから4営業日たちまして…
自分の予想としては、中国Legend社という表記ではなく、メーカーの国名表記自体消したのかなと思ってページをのぞいたら(6日8時時点)、訂正すらされていませんでした…フランスLegend社のまま…残念。
…まぁ、いいか。相手は偉い人みたいだし、長い物には巻かれましょう。


SOMAのプランジャーの試作品がやっと完成。去年の3月にはあと3か月で送るよと言っていたのですが。まぁ、量産まではもう1年くらいかと。


SkyArtも某シャフトメーカー同様、スタートはスタビライザーのロッドの供給元。こちらが2003年から、イギリスで発売されている(Distributer:Merlin Archery)SkyArtのロッド。

当店での取扱いは未定です。一応価格表はいただきました。妥当な値段です。

見づらくてすみません。SF Archeryのカーボンプレートを使用したレスト。なんでもカーボンにすればいいってものでも…と思いながらも、10個くらいは売れそうだから、少量仕入れる予定。カーボンを使った理由に、デザイン以上の意図はないと思います。




デザインがまだ決まらないサミックのスタビライザー。なんでも、最終の2案まで話が進んでいるが、最終的なデザインはまだ変わる可能性があるとか。非現地代理店からの仕入れを防ぐために、日本版デザインとか出そうな気もするw


職人さんが手作りで作っているクィーバー。全部手作りのため、フルオーダーしても値段は既存デザインのものと同じ。卸でも、2万近い値段が付いているので、興味ある方はメールをくだされば、紹介します。代理店は使わず直販が中心。

Fiberbowで開発中のスピンウィングもどき。本当のプロトタイプです。展示すらされていませんでした。フィルムタイプでサイズは2種類のみの予定。完成まで1~2年くらいかかるのでは?

50枚いただきましたが、すでにトップの意見を取り入れて、改良しているとか。

じゃ、このバージョンをうちで評価してもしょうがないじゃん…

スピンウィングよりも少し長く、背が低いです。

以上です。

Legendでライバル登場。中国メーカーですけどね。

おはようございます。久しぶりに競合他店のページをチェックしていたら、なんと、あるところがLegend Archeryの代理店として登録したというではないですか。まぁ、あえてリンクしませんが、ネットで買い物している方ならわかるでしょう。

値段は当店9,300円で送料は別(たぶん1,200円くらい?)だそうですが、アローケースは販売しないようです。ライバルが増えましたね~。負けませんよ。
*(問題の店長さんにもメールしましたが)、Legend Archeryが「フランスLegend社」になっていますが、こちらのメーカーは中国のメーカー(中国・香港市湾仔区)ですが…。

「フランス」とはまったく関係のない会社です。代理店交渉したメーカーの国籍を間違えることはないと思うので(メールに下にいつも署名で中国の住所が書いてあるし)、公平に競争するためにも、きちんと表示をしていただかないと。

もちろん、公平な競争は歓迎です。

お互いLegend Archeryのブランドを日本で広げていくために頑張りましょう。

ちなみに、当店でもLegendの入荷は3月になります。1月の後半から中国は旧正月に入ったので、工場は2月の上旬いっぱいまでストップです。工場発送なら2月の後半、メーカー発送で3月の初めになるというのですが、心配なので、メーカー発送でお願いしました。

こっちの注文が早く到着しますように★

後、メール便の到着がやはり遅いようです。佐川の説明では発送後3~4営業日ですが、実際にはもう少しかかっているようです。

2月10日をめどに、2,500円以下の注文は別途送料を頂いて(400円程度。2,500円以上の注文は今まで通り)、全注文をトラック便で配達する形に切り替える予定です。あくまでも予告ですが、ラッピングテープ1ロールのみで注文しようといる方は今のうちに注文をしたほうがよいと思います。