この記事は2009年2月18日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

昨日のフォロー記事。一点追加。

a-rchery.comさんの方で昨日の記事についてフォロー記事をアップしてくれています。

史料がたっぷりあるような歴史問題についても、人によって意見がかなり別れるのですから、史料がほぼ存在しない(アーチェリー雑誌くらいでしょうか)アーチェリーの歴史はもっとそれぞれの立場からのものになっているのでしょうが、でも、面白いですね。記事ありがとうございます。

まだ、アウドドアのシーズンも始まっていませんし(東京都は3月後半から)、お時間がある方はぜひ。

また、読者の方からもメールをいただいていますが、ブログには載せないでねとのことでしたので、転載はしません。こちらもメールありがとうございます。
自分の発注ミスで梱包用の資材が足りなくなり、先ほど、近くの100円ショップに買いに行ったのですが、前の人も、その前の人も事務用品を買って領収書をもらってました…みんなでがんばって不況を乗り越えましょう!

一点追加。

(引用)
>知らない昔のことなら、言わなくていいです。

すこし気になりました。

昔、高校時代に経済についてのメルマガを書いたいたことがあります。読者は300人くらいでした。今では、高校生ごときに世界経済が語れるとは思っていないし、見直すと間違っているところ多数…。

でも、それでいいと思います。このメルマガの最初の号に社会学の祖で教育学者でもあるジンメルさんの言葉を載せました。

一般に若者が主張する内容は正しくない。しかし、若者がそれを主張するそのこと自体は正しい
という言葉です。6年経った今でも同じ思いです。アーチェリーについて語る時も、先輩のほうがたいてい正しいでしょう。しかし、だからといって「言わない」という選択肢が正しいとはあまり思いません。

今回も記事にしなければ、オリジナルはAGFだと一生勘違いしていたでしょうし…。

今の日本の迷走も若者が言わな過ぎるからではないかな…。

The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。