この記事は2008年11月30日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

Media用資料の使い道は…


おはようございます。最近、本当寒いですね…

特にネタはないのですが、ふと思い出して、HOYTとFUSEのMedia用ページを覗いてみました。

メーカーのページの下のほうにリンクがあり、一般のユーザーは見ることができないようになっていますが代理店にはパスワードが配布されています。

パスワードをもらったものの見に行ったことがなかったのですが、正直、使えようなデータはないです。HOYTやFUSEのロゴがJPEGデータ、または、イラストレータ形式で配布されていて、商品の写真も少しはあるのですが、GMXの場合は赤の1色のみ…自分で撮ったほうが早い。

一応、ページを訪問した成果物として、GMXの細密なJPEGデータ(850×5,600ピクセル)を貼っときます。

ちなみに、この写真の撮影日は8月15日だそうです。GMXの話を初めて聞いたのが10月の初めだったのですが、8月にももうこんなに立派に完成していたのですね。

最近、GMXのネタばかりですが、正直、このハンドルはかなり好きです。今まで使ってきたのは、YAMAHAのフォージド2とサミックのアギュラ・ウルトラの2本。WINのエキスパートやHOYTのへリックスのような斬新なデザインのハンドルもいいと思いますが、シンプルなハンドルが個人的には好きなので。

早く白が届かないかな~


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。