ファイン・チューニング | コンパウンドチューニング

シンプルなファインチューニングのやり方を紹介します。これまでのチューニング・セッティングを正しく行っていないと、ファインチューニングは正しい結果をもたらしません。

矢のばらつきの一番の要因はシューターの技術不足ですが、ばらつきに特徴がある場合はチューニングすることで、ばらつきを小さくすることができます。

左右のばらつきは、レストの左右を調整することで小さくできます。

上下のばらつきは、リムのティラーを調整することで小さくできます。

どちらも、実際にシューティングをして、その結果を観察しながら行ってください。

戻る | 進む


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。