コンパウンドのレストの取り付け | コンパウンドチューニング 

 

コンパウンドボウののチューニングの第一歩は、レストの取り付けです。

 

まず、レストを取り付けます。ねじの締めすぎに注意してください。

次に、レストの上下を正しい位置に設定します。

最後に、レストの左右の位置を正しい位置に設定します。

これで基本的なレストの調整は終了です。レストの位置を初期状態から、上下・左右に動かしても、よりよい結果がもたらされる可能性は低いです。

 

レストの位置について、将来的な検討課題はレスト位置の前後です。レストは通常グリップのプレッシャーポイントのほぼ真上にくるように設計されていていますが、位置をその前後に動かすことで、押し手のミスに対する修復力を調整することができます。すべてのアーチャーにとって、初期状態がベストとは限りません。異なる位置を試してみる価値はあります。

次に


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。