コンパウンドチューニング

コンパウンドチューニングの、はじめのはじめは、まず自分にあった正しいコンパウンドボウを購入することです。弓を購入するときは、まず専門店に相談されることをお勧めします。自分に体に合うドローレングス(引き尺)と、自分の体力にふさわしいポンドを知り、適切な重さの弓を理解したうえで、コンパウンドボウを購入しましょう。

これから紹介する基本的なコンパウンドチューニングは、弓が正しく選択されていることが前提です。自分に合わない弓でも、中古などで購入した場合、使えなくもないですが、基本的なチューニングではなく、別のチューニング方法が求められることが多いので、別途プロショップに相談してください。

 

・コンパウンドの初期セッティングガイド

0.コンパウンドボウの仕組み

1.レストの取り付け

2.ノッキングポイントとDループの取り付け

3.ピープサイトの取り付け

4.(スコープ)サイトの取り付け

5.スタビライザーバランス

 

・コンパウンドのチューニングガイド

1.カムの同期・タイミングの調節

2.ファイン・チューニング

3.リリーサーのメンテナンス

 

 

より詳細な情報は、有料で販売されているラリー・ワイズの「コンパウンド・ターゲット競技のための チューニングマニュアル」を資料としてお勧めします。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。